news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2016年6月6日

アライドテレシス、デル・ソフトウェアの Dell SonicWALL次世代ファイアウォール各種製品と SES(Secure Enterprise SDN)ソリューションで連携

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と、デル・ソフトウェア株式会社の次世代ファイアウォール製品 Dell SonicWALL 各種製品と連携し、SDNによるネットワークセキュリティの強化ソリューションを提供していくことに合意したことを発表いたします。

Dell SonicWALLの次世代ファイアウォールは、ファイアウォール、VPN、ウィルス対策、スパイウェア対策、侵入検知/防御(IPS)、コンテンツフィルタリング、アプリケーションの可視化とコントロールといった豊富なセキュリティ機能を一台に統合したネットワークセキュリティアプライアンスです。
今回、連携対象となるDell SonicWALLは、中小規模企業様向けNSAシリーズおよびTZシリーズの他、大規模企業様向けSuperMassive 9000シリーズです。

アライドテレシスの「Secure Enterprise SDN(SES)」は、SDN/OpenFlow技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストの削減、およびセキュリティの強化を実現します。SESはすでに企業向け人事システム、IT資産管理システム、ネットワーク脅威検知システムと連携しておりますが、このたび Dell SonicWALL との連携により、ファイアウォール機能であるスパイウェア対策、侵入検知/防御(IPS)、コンテンツフィルタリング等にて検出もしくはブロックした被疑端末の通信をエッジスイッチにて遮断隔離し、外部への情報漏洩防止と共に内部での被害拡散防止をするといった標的型サーバー攻撃ソリューションを提供いたします。

尚、この度の協業について、デル・ソフトウェア株式会社 セキュリティ・ソリューションズ代表 藤岡健様よりコメントを頂いております。

「デル・ソフトウェアは、アライドテレシス様との連携ソリューション開発・提供に向けた協業を開始します。アライドテレシス様のSecure Enterprise SDNと弊社の次世代ファイアウォール製品との連携により、お客様のIT環境をより強固に保護できるものと確信しております。」

この度の連携により、今後下記のソリューションを展開する予定です。

  • Dell SonicWALLとの連携による被疑端末検疫隔離機能

  • ・スパイウェア対策(Anti Spyware)
  • 侵入検知/防御(IPS)
  • コンテンツフィルタリング(CFS)
  • ボットネットフィルタリング

今後、2016年3Q(7月-9月)のソリューション提供を目指し、共同開発検証を行ってまいります。