導入事例・カタログ

札幌市交通局 様

複数のリング型ネットワーク構成で公共交通に要求される高い信頼性を確保

札幌市では、人や環境にやさしい乗り物とされる路面電車を公共交通機関としての役割に加え、その特性を活かしたまちづくりを進めており、利用者の利便性の向上や地域の活力の創出などを目指している。路面電車情報利活用では、各停留場に情報表示装置を設置し、路面電車の位置情報や運行情報を案内するほか、地域のイベント情報や観光情報などを発信する。こうした情報利活用のインフラとしてアライドテレシスの製品・ソリューションを導入。公共交通に要求されるシステムとネットワークの安定稼働、高い信頼性の確保を実現した。(2016年3月公開)

市場 公共インフラ ソリューション スイッチソリューションEPSRVCS 製品 コアスイッチエッジスイッチ 目的 ネットワークの改修・増築・刷新運⽤・管理の向上安定稼働・安定通信高速通信

ネットワーク構成イメージ図

お客様プロフィール

札幌市交通局

札幌市市民まちづくり局総合交通計画部都市交通課
札幌市交通局高速電車部調整担当課(兼務)
樋口 徹氏

札幌市

市役所所在地 札幌市中央区北1条西2丁目
市制 1922年(大正11年)8月
人口 1,948,262人 世帯数 943,521(2015年9月1日)現在
URL http://www.city.sapporo.jp/

政令指定都市札幌には10の行政区があり、それぞれ地域の特性を生かした個性あるまちづくりを進めている。そして、札幌市交通局では、市民の足である地下鉄、路面電車の営業を担当。市営交通事業の予算、運行車両の整備や駅施設の管理、経営計画の策定などに関する業務を行っている。

パートナー 企業

札幌市交通局

NECネッツエスアイ株式会社
社会インフラソリューション事業本部
社会公共システム事業部
第三公共システム部(鉄道ソリューション担当)
プロジェクト担当部長
新井 潤氏

NECネッツエスアイ株式会社

本社 東京都文京区後楽2-6-1 飯田橋ファーストタワー
創立 1953年12月
資本金 131億2200万円
従業員数 7,260人(2015年3月31日現在:連結)
URL http://www.nesic.co.jp/

事業内容:ネットワークをコアとするICTシステムの企画・コンサルティングや設計・構築および国内400カ所以上のサポートサービス拠点による24時間・365日対応の保守・運用、監視サービスやアウトソーシングサービスを提供している。

関連ソリューション・製品