導入事例・カタログ

国立大学法人 電気通信大学 様

AMF、AMF-SEC、AWCによりセキュアで運用性の高いキャンパスネットワークを構築

東京都調布市の国立大学法人 電気通信大学では、情報基盤システムの大規模なリプレースにともない、その基盤となるネットワークを刷新。アライドテレシスのAMF(Autonomous Management Framework)、AMF-SEC(AMF-SECurity)、AWC(Autonomous Wave Control)対応ソリューションを導入し、高い運用性とセキュリティを実現するネットワーク基盤を構築した。

市場 文教 ソリューション PoE ネットワーク運用AMFVista Manager EX 無線LANAWC セキュリティSDNAMF-SEC(旧:SES) 製品 コアスイッチディストリビューションスイッチ無線LAN 目的 ネットワークの改修・増築・刷新運⽤・管理の向上環境の整備統合管理安定稼働・安定通信無線LANの簡単導入セキュリティの強化ネットワーク監視の強化業務効率の向上コスト削減

ネットワーク構成イメージ図

お客様プロフィール

国立大学法人 電気通信大学

国立大学法人 電気通信大学
教授
博士(工学)
高田 昌之氏

国立大学法人 電気通信大学

所在地 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
設立 1918年
代表者 学長 田野 俊一
URL https://www.uec.ac.jp/

2018年に前身である「無線電信講習所」の創設から数えて100周年を迎えた。電気・通信分野のみならず、材料科学や生命科学、光科学、エレクトロニクス、ロボティクス、機械工学、メディアなど、理工学の基礎から応用まで、広範な分野での教育と研究を行っており、「人類の持続的発展に貢献する知と技の創造と実践を目指します」という理念のもと、国際社会に寄与する先導的大学としての役割を不断に果たし続ける。

関連ソリューション・製品