news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2017年7月3日

レイヤー2Plusギガビット・インテリジェント・スイッチCentreCOM Secure HUB「AT-SH230-GTシリーズ」をリリース

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、レイヤー2Plusギガビット・インテリジェント・スイッチCentreCOM Secure HUB「AT-SH230-GTシリーズ」の出荷を7月10日より開始します。

AT-SH230-GTシリーズは10/100/1000BASE-TポートとSFPスロットを搭載したレイヤー2Plusギガビット・インテリジェント・スイッチです。50℃の環境温度に対応しながら独立したSFPアップリンクポートを搭載。ハードウェアパケットフィルターや各種認証機能をサポートし、ネットワークのギガビット化とインテリジェント化を実現します。全世界で多くの導入実績を持つAlliedWare Plusを採用しており、モジュラーアーキテクチャーによる高い堅牢性を実現しながら、業界標準コマンドへの準拠により他社製品からのスムーズな移行を可能にします。

主な特長

  • (1) AMF対応
  • AMFは、ネットワーク上のスイッチやルーターを仮想的な1台の機器として管理するネットワーク仮想化機能です。AMFは統合管理を行うAMFマスターと管理されるAMFメンバーからなり、①一元管理(セントライズドマネージメント)、②自動構築(オートレジリエントコネクション)、③自動復旧(スマートプロビジョニング)、④非AMF装置対応(ワイドエリアバーチャルリンク)、⑤分散マスター処理(AMFコントローラー)の5つの機能により運用管理の効率化とコスト軽減を実現します。
  • (2) ループガード
  • 接続ミスなどで発生するネットワークのループを検出し、設定した動作(ポートディセーブルなど)を自動実行するループガードに対応しています。
  • (3)充実した認証/セキュリティー機能
  • 同一ポート上でIEEE 802.1X認証/Web認証/MACアドレスベース認証の混在を可能とするTri-Auth機能や、同一ポート上でユーザーごとに別々の認証方式で認証し、かつ異なるVLANを動的に付与するマルチプルダイナミックVLAN機能などさまざまな認証方式に対応します。通信内容を暗号化し、安全なリモートアクセス環境を実現するSSHや、ネットワークの集中管理・運用面においても安全性と利便性を両立するSNMPv3の暗号化・認証機能などのセキュリティー機能もサポートしています。
  • (4)セキュリティー機能の拡張性
  • 別売のライセンス(AT-SH230-FL16)を適用することにより、SDNコントローラー「AT-SESC」に対応。
    SDN/アプリケーション連携ソリューション「SES(Secure Enterprise SDN)」のエッジスイッチとして動作します。

新製品

製品名 標準価格(税別) リリース日
AT-SH230-10GT 73,000円 7月10日
AT-SH230-18GT 105,000円 7月10日
AT-SH230-28GT 150,000円 7月10日

※ サポートチケットについては弊社ホームページをご覧ください。