news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2017年7月19日

アライドテレシス 自社製次世代ファイアウォール&VPNルーターとSecure Enterprise SDN(SES)ソリューションを連携~次世代ファイアウォールで検出した被疑端末の通信をエッジネットワークで遮断・隔離~

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、SDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と、同社の次世代ファイアウォール&VPNルーター AT-AR4050S/3050Sとを連携させ、SDNによるネットワークセキュリティの強化ソリューションを提供することを発表いたします。

AT-AR4050S/3050Sは、次世代ファイアウォール搭載のUTM&VPNルーターです。IPsecやL2TPv3などのVPNへの対応や、「IPレピュテーション」や「アンチウイルス」等の次世代ファイアウォールで必要不可欠なセキュリティーエンジンを搭載し、外部からの攻撃や社内からの情報漏洩を防ぎ、安全なインターネット接続環境を構築できます。

「Secure Enterprise SDN(SES)」は、SDN技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストの削減、およびセキュリティの強化を実現します。SESはすでにIT資産管理システム、ネットワーク脅威検知システムと連携しておりますが、このたび、自社製品であるAT-AR4050S/3050Sとの連携により、「IPレピュテーション」、「ファイアウォール」、「マルウェアプロテクション」、「アンチウイルス」にて検出した感染端末の通信をエッジスイッチにて遮断・隔離し拡散防止をするといった情報漏洩防止ソリューションを提供いたします。

※ アンチウイルスはAT-AR4050Sでのみサポートです。

図:SESとAT-AR4050S/3050Sとの連携構成概要