news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2017年9月5日

アライドテレシス、日本ラッドが提供するトラフィック可視化・監視システム「NIRVANA-R」とSecure Enterprise SDNソリューションで連携

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎、以下アライドテレシス)と、日本ラッド株式会社(本社 東京都港区、代表取締役社長 須澤通雅、以下日本ラッド)は、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(以下SES)」と、日本ラッドが提供するトラフィック可視化・監視システムであるNIRVANA-Rとを連携し、SESのネットワーク運用管理向上ソリューションを提供して行くことに合意しましたので発表いたします。

NIRVANA-Rは、国立研究開発法人情報通信研究機構(本部 東京都小金井市、理事長 徳田英幸、以下NICT)がオリジナルを開発し、日本ラッドが技術移転を受けて独自展開している次世代ネットワーク可視化・監視システムです。日本ラッドは、任意の他社製セキュリティアプライアンス/サービス、ネットワーク機器等と連携しサイバー攻撃を可視化するソリューションとして販売しています。
NIRVANA-Rは汎用性の高いSyslog形式に対応しており、今回アライドテレシスのSESと連携することで統合的監視範囲は飛躍的に増大することになり、サイバー攻撃対策のための初動がより迅速にとれるようになります。

アライドテレシスのSESは、SDN技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストの削減、及びセキュリティの強化を実現します。SESはすでにIT資産管理システム、ネットワーク脅威検知システムと連携しておりますが、この度NIRVANA-Rとの連携により以下2つのソリューションを提供致します。

ソリューション① 被疑端末のGUI表示

各社アプリケーション(次世代ファイアウォール/UTM、アプリケーションゲートウェイ、標的型攻撃対策アプライアンス、エンドポイントセキュリティ製品等)とのSES連携によって遮断・隔離制御された被疑端末をNIRVANA-Rで可視化を行うことにより、セキュリティ管理者の直感的な運用管理を実現致します。

図1:SESからNIRVANA-Rへの通知連携構成概要

 

ソリューション② 警告表示された被疑端末のマニュアル制御

NIRVANA-Rと他社製セキュリティアプライアンスとの連携にて脅威可視化の警告表示により、特定した被疑端末をマニュアル操作で通信遮断・VLAN隔離制御を可能とする、セキュリティ管理者向けソリューションを実現致します。

図2:NIRVANA-Rを利用したSESのマニュアル制御連携構成概要

 

【アライドテレシス株式会社について】
アライドテレシスは、ネットワーク専業メーカーとして、企業、医療、自治体・文教などあらゆる分野において、先進のテクノロジーによる高信頼性を誇るネットワーク製品、ソリューション、ITサービスをご提供しています。

【日本ラッド株式会社について】
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目2-5 共同通信会館ビル7F
代表取締役社長:須澤 通雅
JASDAQ上場(コード番号 4736)
URL http://www.nippon-rad.co.jp/ 
ソフトウェアの受託開発、システムインテグレーションを主業務とする1971年創業のJASDAQ上場企業です。革新的なコア技術によるソリューション提供、フルターンキーのシステム構築・運用サービスを展開しています。近年はテクノロジーカンパニーとしてAI、IoT、セキュリティ等最先端の技術領域でのプロダクト・ソリューション開発を積極的に展開しつつ、ビッグデータ、クラウド、医療、動画解析等既存領域での更なる高付加価値サービスの開発に取り組んでいます。

【国立研究開発法人情報通信研究機構について】
所在地:東京都小金井市貫井北町4丁目2-1
理事長:徳田 英幸
URL:http://www.nict.go.jp/ 
国立研究開発法人情報通信研究機構(National Institute of Information and Communications Technology、略称:NICT)は、ICTを専門とする唯一の公的研究機関です。情報通信分野の研究開発や産業支援等を総合的に行うことを目的とし、5つの研究群に基づく8研究所・研究センター、2カ所の電波送信所をもつ。日本標準時を決定し維持している。研究開発の成果である知的財産の民間企業への活用を社会還元の一環として積極的に行っています。