news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2017年9月14日

アライドテレシス、フォーティネットの次世代ファイアウォールとSecure Enterprise SDNソリューションで連携~次世代ファイアウォールで検出した被疑端末の通信をエッジネットワークで遮断・隔離~

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎、以下アライドテレシス)は、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(以下SES)」と、フォーティネットの次世代ファイアウォールであるFortiGateと連携し、SDNによるネットワークセキュリティの強化ソリューションを提供して行くことを発表いたします。

フォーティネット(Fortinet, Inc. NASDAQ: FTNT)は、世界及び国内のセキュリティアプライアンス市場においてシェアNo.1(※1)(ベンダー出荷台数)のセキュリティベンダーで、ガートナー社のエンタープライズネットワークファイアウォールのマジック・クアドラント(※2)でもリーダーに位置付けられています。旗艦製品である次世代ファイアウォールFortiGateの他、未知の脅威をブロックするFortiSandboxやメールセキュリティのFortiMailなど幅広い製品を中小企業から大企業、通信事業者まであらゆる規模の企業や組織に提供しています。

アライドテレシスのSESは、SDN技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストの削減、およびセキュリティの強化を実現します。SESはすでにIT資産管理システム、ネットワーク脅威検知システムと連携しておりますが、このたび、出入り口対策だけでなく内部対策にも有用なFortiGate(FortiOS 5.4以降)との連携により、次世代ファイアウォール機能である侵入防止システム(IPS)、Webフィルタリング(Web Filter)、標的型攻撃対策(Sand Box)にて検出した感染端末の通信をエッジスイッチにて遮断・隔離し、拡散防止するといった情報漏洩ソリューションを提供いたします。

図:SESとFortiGateとの連携構成概要

 

本連携は、2017年10月11日からのサービス提供を目指し、開発検証を行っております。

尚、この度の連携について、フォーティネットジャパン株式会社 社長執行役員 久保田 則夫様よりコメントを頂いております。

「アライドテレシス株式会社によるSecure Enterprise SDNソリューションとFortiGateとの連携開始を心より歓迎いたします。入口・出口のセキュリティ対策に重点を置き、内部ネットワークがフラットであったためにサイバー攻撃の被害が拡大する傾向があります。フォーティネットでは、内部ネットワークも重要度に応じて分割し保護する内部セグメンテーションファイアウォールのコンセプトを提唱しています。例えば、バックアップサーバーのあるセグメントにはUTMを設置して、重要な資産であるバックアップデータの保護を強化することが可能です。本連携ソリューションは、お客様へのより安全な企業ネットワークの提供として、お役だてできると確信しております。」

【アライドテレシス株式会社について】
アライドテレシスは、ネットワーク専業メーカーとして、企業、医療、自治体・文教などあらゆる分野において、先進のテクノロジーによる高信頼性を誇るネットワーク製品、ソリューション、ITサービスをご提供しています。

 出典:
※1 : IDC’s Worldwide Quarterly Security Appliance Tracker – 2017 Q1
※2 : Gartner, Magic Quadrant for Enterprise Network Firewalls, Adam Hils et al. 10 July 2017, 
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありませ ん。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナ ー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、 明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。