news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2017年10月23日

アライドテレシスとウォッチガードによるSDNソリューションが、東京モーターショー2017のプレスルームへ採用~1万人を超える国内外記者にセキュアなインターネット環境を提供~

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)と、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(日本法人 東京都港区、社長執行役員 根岸正人、以下ウォッチガード)は、アライドテレシスのSES(Secure Enterprise SDN)とウォッチガードのセキュリティアプライアンス「Fireboxシリーズ」の連携によるSDNソリューションが、東京ビッグサイトで10月27日(金)から11月5日(日)に開催される、「第45回東京モーターショー2017(The 45th Tokyo Motor Show 2017)」のプレスセンターに採用されたことを発表します。

第45回東京モーターショー2017は、「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」をテーマに開催され、国内外から1万人を超える記者が訪れます。数多くの記者が記事を配信するプレスセンターにおいては、記者が取材・編集した大容量のデータ通信にも耐えうる安定した、セキュアなネットワーク環境が求められます。

アライドテレシスの「SES(Secure Enterprise SDN)」は、SDN技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、セキュリティの強化、ネットワーク運用管理にかかる工数削減を実現します。ウォッチガードのFireboxシリーズは、ウイルス対策(GatewayAntiVirus)、レピュテーションセキュリティ(Reputation Enabled Defense)、URLフィルタリング(Web Blocker)、標的型攻撃対策(APT Blocker)などの強固なセキュリティ機能群による多層防御を提供します。さらに、両者の組み合わせにより、万一感染が検知された場合でも、検出した感染端末の通信をエッジ・スイッチで遮断・隔離し拡散を防止するといった多層的なセキュリティ対策を実現します。

このたび、プレスセンターへ導入される機器は、AT-SESC-APL(SDNコントローラー)×1台、AT-Vista Manager EX×1台、AT-x510-28GPX×4台、AT-x930-28GTX(AMFマスター)×1台、AT-SH230-10GT(AMFメンバー)×35台、AT-TQ4600×9台、Firebox M670×3台、Firebox M570×1台であり、これらの構成で、セキュアで安定したネットワーク環境を提供します。

図:導入ソリューションイメージ図

 

【ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社】
WatchGuard(R) Technologiesは、業界標準ハードウェア、ベストオブブリードセキュリティ、ポリシーベースの管理ツールを独自アーキテクチャにより統合したビジネスセキュリティソリューションを提供するグローバルリーダとして、全世界の企業にエンタープライズクラスのセキュリティソリューションを提供しています。本社を米国ワシントン州シアトルに置き、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地区、中南米に支社を展開しています。日本法人であるウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は、多くのパートナーを通じて、アプライアンス製品、ネットワークからエンドポイントまでの脅威検知とセキュリティの「可視化」及びセキュリティとネットワークの「運用管理」など拡大するニーズへのソリューションを提供しています。

【アライドテレシス株式会社について】
アライドテレシス株式会社は、ネットワーク専業メーカーとして、企業、医療、自治体・文教などあらゆる分野において、先進のテクノロジーによる高信頼なネットワーク製品、ソリューション、ITサービスをご提供しています。