news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2018年5月14日

アライドテレシス、Sky株式会社のSKYSEA Client ViewとのSecure Enterprise SDN(SES)連携ソリューション第2弾を発表 ~SKYSEA Client Viewアラート連携による不正操作端末の遮断/隔離~

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)と、Sky株式会社(大阪府大阪市、代表取締役 大浦 淳司、以下Sky)は、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と、Skyのクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」を連携し、SDNによるネットワーク運用管理の効率化を図るソリューションを提供してまいりましたが、SKYSEA Client View Ver.13よりアラート機能が拡張されたことを受け、内部犯行やマルウェアによる不正操作端末・不正動作端末をエッジスイッチにて遮断/隔離してセキュリティの強化を図る連携ソリューションを提供する事を発表します。

Sky株式会社のSKYSEA Client Viewは、「使いやすい」をコンセプトに、ログ管理、セキュリティ管理、デバイス管理といった『情報漏洩対策』に必要な様々な機能を搭載したソフトウェアです。クライアントPCだけではなく、オフィスのネットワークに接続されたIT機器の一元管理が行えます。

また、SKYSEA Client View Ver.13より資産情報、アプリケーション、ファイル操作、デバイス操作、ネットワークアクセスや印刷等各種セキュリティ管理上のアラートをSyslogとして通知出来るように拡張されました。

アライドテレシスの「Secure Enterprise SDN(SES)」は、SDN/OpenFlow技術をエンタープライズや産業向け市場に適応させ、各種アプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストの削減、および、セキュリティの強化を実現します。このたびSKYSEA Client Viewとのアラート連携の実現により、サイバー攻撃を受け異常な振る舞いを行う端末や、内部犯行による端末の不正操作を検知、被疑端末の通信をエッジスイッチにて遮断/隔離し被害の拡散防止をするといったセキュリティソリューションを提供いたします。

 

本連携ソリューションは、2018年秋にリリースが予定されておりますSKYSEA Client View Ver. 13.2にて実現を図ってまいります。

また、本連携ソリューションは、アライドテレシス主催『Exchange カンファレンス2018』にてご紹介致します。

https://www.allied-telesis.co.jp/event/seminar/exchange2018/index.html

概要

名称 Exchange カンファレンス 2018
主催 アライドテレシス株式会社
対象 エンドユーザー様、アプリケーションベンダー様、インテグレーター様、サービスベンダー様
開催場所
  • ◆福岡会場
  • 日時:2018年5月15日(火)13時30分~17時30分(13時00分開場/終了後、情報交換会)
  • 会場:アクロス福岡 イベントホール 地下2階
  • 定員:200名(先着順)
  • ◆名古屋会場
  • 日時:2018年5月17日(木)13時30分~17時30分(13時00分開場/終了後、情報交換会)
  • 会場:ウインクあいち 8階
  • 定員:200名(先着順)
  • ◆東京会場
  • 日時:2018年5月23日(水)13時30分~17時30分(13時00分開場/終了後、情報交換会)
  • 会場:品川インターシティホール 1階
  • 定員:300名(先着順)