news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2018年8月23日

アライドテレシスの AT-AR4050S ファイアウォール、 ICSAラボの安全性認定を取得

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、主力製品であるAT-AR4050SファイアウォールがICSAラボの認定試験に合格したことを発表します。
ICSAラボは、ネットワーク・セキュリティー機器の代表的な独立検査機関であり、今回の認定により、本製品が業界認定の厳しいセキュリティー要件を満たしていることが証明されました。

本認証の取得に関して、プロダクトマーケティング・ディレクターであるGraham Walkerは、次のように述べています。「サイバー脅威は、進化し続けており、標的を絞った攻撃で防御が破られるケースが増えています。攻撃の対象は、企業に留まりません。ビルの管理用、監視用、制御用のアプリケーションなど、インターネットに接続するアプリケーションの数は増加しています。そのため、企業などの団体や機関は、最大限の防御措置として、独立した機関で試験・認証された製品を使用することがとても重要になります。」

AT-AR4050Sは、企業向けイントラネットを構築するうえで重要なVPNルーターの機能に加え、ディープパケットインスペクション、侵入防御、およびアクショナブルレポーティング機能を備えた高性能なセキュリティー・プラットフォームです。さらに、URLフィルタリング、マルウェアプロテクションや特定のターゲットへ持続的に攻撃を行うAPT攻撃への防御などを提供するセキュリティー・サービスに加入することで、より強固なセキュリティー対策を実現します。

ICSAラボは、25年間にわたり数百のセキュリティー製品に関して、機器メーカーに代わり信頼性の高い独立した第三者保証を提供してきました。本認定により、企業などのお客様は導入した機器が最も厳格なセキュリティー基準を満たしているため、より一層の安全・安心を確保できます。

アライドテレシスは、情報セキュリティーについて注力しており、20年以上にわたりセキュリティー機器を開発し、自社機器にVPN機能を導入した最初のメーカーのひとつでした。アライドテレシスの UTM ファイアウォールは、高い脅威防御スループット、優れた管理性、最先端のIPレピュテーションの統合やマルウェア対策などの機能を装備した、非常に競争力のあるソリューションです。

認証取得の詳細は以下をご覧ください。
https://www.icsalabs.com/news-article/allied-telesis-ar4050s-attains-icsa-labs-firewall-certification