news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2018年9月19日

アライドテレシス、パロアルトネットワークスの次世代エンドポイントセキュリティ Traps™ と Secure Enterprise SDN(SES)で連携~標的型サイバー攻撃感染端末をエッジネットワークで遮断/隔離~

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、パロアルトネットワークス株式会社(本社 東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)の次世代ファイアウォールとSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」とを連携し、セキュリティ強化ソリューションを提供してまいりましたが、この度、次世代ファイアウォールに加えパロアルトネットワークスの次世代エンドポイントセキュリティ Traps™ との連携を実現し、更なるセキュリティ強化ソリューションの提供を開始することを発表します。

パロアルトネットワークスの次世代エンドポイントセキュリティTraps™ はエンドポイント上で脅威を阻止するだけでなく、クラウド システム向けセキュリティ、ネットワーク セキュリティと連携してサイバー攻撃を阻止します。Traps™ は、既知または未知のマルウェアおよびエクスプロイトを利用するセキュリティ侵害およびランサムウェア攻撃によってWindows®、macOS®、またはLinux のエンドポイント(ノートパソコン、デスクトップ、サーバー、仮想マシン、クラウド ワークロードなど)が侵害される前にこれらの侵害や攻撃をブロックし、エンドポイントをより安全に守ります。

アライドテレシスの「Secure Enterprise SDN(SES)」は、SDN/OpenFlow技術をエンタープライズや産業向け市場に適応させ、各種アプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストの削減、および、セキュリティの強化を実現します。このたびパロアルトネットワークスの次世代エンドポイントセキュリティ Traps™ により検出した標的型サイバー攻撃感染端末の通信をエッジスイッチにて遮断/隔離し被害の拡散防止をするセキュリティ強化ソリューションを提供いたします。また、本連携ソリューションは、AMF(Allied Telesis Management Framework)との連携により、AMFメンバースイッチでも動作いたします。


図:システム連携構成概要

本連携ソリューションは、Traps v4.1以降、および、AT-SESC Ver. 1.4.3以降が必要となります。
尚、この度の連携強化について、パロアルトネットワークス株式会社様よりコメントを頂いております。

【パロアルトネットワークス株式会社 代表取締役会長兼社長 アリイ・ヒロシ様】
「パロアルトネットワークスは、企業が重要なビジネスに集中できるよう、場所を問わない一貫したアプローチで最新の脅威の自動防御や分析を実現するSecurity Operating Platformを提供しています。この度、アライドテレシス様の連携ソリューションに、次世代ファイアウォールに続き、Security Operating Platformを構成する次世代エンドポイントセキュリティTraps™を対応いただいたことで、日本企業のより最適なセキュリティの実装に寄与できることを大変喜ばしく思っております。」

また、本連携ソリューションは、パロアルトネットワークス主催『PALO ALTO NETWORKS DAY 2018』展示コーナー内アライドテレシスブースにてご紹介致します。ご来場の折にはお立ち寄り下さい。

概要

名称 PALO ALTO NETWORKS DAY 2018
会期 2018年9月27日(木)
時間 9:00-18:45
主催 パロアルトネットワークス株式会社
会場 ANAインターコンチネンタルホテル東京
URL https://seminar.jp/panday2018/