news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2018年10月1日

アライドテレシス、Impervaのデータセキュリティ対策Imperva SecureSphereとSecure Enterprise SDN(SES)で連携 ~標的型サイバー攻撃感染端末をエッジネットワークで遮断/隔離~

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、株式会社Imperva Japan(本社 東京都中央区、Japan Area Vice President:長坂 美宏、以下Imperva)のデータセキュリティソリューションSecureSphere Database Firewall、および、SecureSphere File FirewallとSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」とを連携し、セキュリティ強化ソリューションの提供をしていくことを発表いたします。

Impervaの「Imperva SecureSphere Database Firewall」は、機密データへのアクセスを監査し、データベースへの攻撃および不正利用をリアルタイムに警告またはブロックします。また、「Imperva SecureSphere File Firewall」は、重要なファイルへのアクセスをリアルタイムでモニターし、不正なアクセスを阻止することで、非構造化データに対する最高レベルのセキュリティを確保します。

アライドテレシスの「Secure Enterprise SDN(SES)」は、SDN/OpenFlow技術をエンタープライズや産業向け市場に適応させ、各種アプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストの削減、および、セキュリティの強化を実現します。このたびImpervaのデータセキュリティソリューションSecureSphere Database Firewall、および、SecureSphere File Firewallにより検出した標的型サイバー攻撃感染端末の通信をエッジスイッチにて遮断/隔離し被害の拡散防止をするセキュリティ強化ソリューションを提供いたします。また、本連携ソリューションは、AMF(Allied Telesis Management Framework)との連携により、AMFメンバースイッチでも動作いたします。

システム連携構成概要図:システム連携構成概要

 

本連携ソリューションは、SecureSphere v11以降、および、AT-SESC Ver.1.4.3以降が必要となります。
尚、この度の連携強化について、株式会社Imperva Japan様よりコメントを頂いております。

株式会社Imperva Japan Japan Area Vice President 長坂 美宏 様
Secure Enterprise SDN(SES)とImperva製品(SecureSphere Database Firewall、SecureSphere File Firewall)との連携ソリューションの提供開始を歓迎いたします。
この度、ネットワーク専業メーカーとして、幅広い業界に販売実績を多数持つアライドテレシス株式会社様が、本ソリューションを提供することにより、お客様の要件にマッチした環境をより安心かつスピーディに提供できると確信しています。

また、本ソリューションは、危機管理産業展(RISCON TOKYO)2018 特別併設サイバーセキュリティワールド2018にてご紹介致します。ご来場の折にはお立ち寄り下さい。

弊社ブース概要

会期 2018年10月10日(水)~12日(金)
名称 サイバーセキュリティワールド2018
時間 10:00-17:00
主催 (株) 東京ビッグサイト
会場 東京ビッグサイト 西ホール、アトリウム
アライドテレシスブース小間番号:3A-03