news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2019年9月27日

アライドテレシス、カスペルスキーのエンドポイントセキュリティ Kaspersky Endpoint Security for Businessと SDN(AMF-SEC)で連携 ~ウイルス感染等の被疑端末をエッジネットワークで遮断/隔離~

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、株式会社カスペルスキー(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 藤岡健)の法人向けエンドポイントセキュリティ製品 Kaspersky Endpoint Security for Businessシリーズとの連携を実現し、セキュリティ強化ソリューションの提供に向け共同開発検証を開始したことを発表します。

カスペルスキーの「Kaspersky Endpoint Security for Business」は、機械学習技術やクラウド技術に基づき、HIPS、ふるまい検知、脆弱性攻撃ブロックなどの次世代の多層保護を用いて、エンドポイントに脅威が侵入する危険性を最小限に抑えると同時に、侵入された場合でも確実に検知してブロックします。さらに統合管理ツールにより、システムとセキュリティ管理を包括的に行うことで、管理業務の負荷を軽減します。

アライドテレシスのSDNアプリケーション連携ソリューション「AMF-SEC」は、企業のネットワーク運用を最適化し、サイバー攻撃や内部犯行への対策、管理端末の情報インシデント対策に向けたエッジスイッチによるセキュリティ強化ソリューションとして開発。アプリケーションと連携・連動するネットワークによってユーザートラフィックの動的制御機能を提供。セキュリティの強化と、ネットワークの運用にかかるコストの削減、運用負荷の低減を実現します。

このたびカスペルスキーのエンドポイントセキュリティ Kaspersky Endpoint Security for Businessにより検出した被疑端末イベント通知をトリガーに、エッジスイッチにて通信遮断・隔離をし、被害の拡散防止をするセキュリティ強化ソリューションを提供いたします。ウイルス検知はもとより、ライセンスの有効期間切れやポリシーが適応出来ない等の異常端末に対し、通信制御を掛けることが可能です。また、通信制御対象端末は、Windows OS端末以外に、Mac OS、Linux OS端末にも対応いたします。

システム連携構成概要

図:システム連携構成概要

本連携ソリューションは、Kaspersky Endpoint Security for Businessシリーズ(Kaspersky Security Center はv10.0 以降)、および、AT-SESC v 1.5.1以降が必要となります。

また、本連携ソリューションは、『テロ対策特殊装備展’19 (SEECAT)』内アライドテレシスブース、および、『日経 xTECH EXPO 2019』内カスペルスキーブースにてご紹介いたします。ご来場の折にはお立ち寄り下さい。

名称 テロ対策特殊装備展(SEECAT) ’19
会期 2019年10月2日(水)~4日(金)
時間 10:00-17:00
主催 株式会社東京ビッグサイト
会場 青海展示棟(東京ビッグサイト)
小間 ホールB SG-13

 

名称 日経 xTECH EXPO 2019
会期 2019年10月9日(水)~11日(金)
時間 10:00-17:30
主催 日経BP
会場 東京ビッグサイト 西1-4ホール
小間 1363 / カスペルスキー