news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2020年6月15日

<新製品>工場ネットワークのIoT化を推進する
産業用スイッチ2製品をリリース

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、工場や倉庫などにおける産業用ネットワークでの利用に適したギガビット・インテリジェント・スイッチ「AT-IE340-12GP」および「AT-IE340-12GT」の出荷を6月16日より開始します。

 

【新製品 AT-IE340-12GP / AT-IE340-12GT】
近年、製造業ではIoT化が進み、工場や倉庫などでさまざまな機器やセンサーをつなぐ通信ネットワークの整備が求められています。しかし、工場などは一般のオフィスに比べて過酷な環境であるため、「高温下でも稼働できる」「振動に強い」など耐環境性の高いネットワーク機器の導入が要件となってきます。

AT-IE340-12GP、AT-IE340-12GTは工場や倉庫などにおける産業用ネットワークでの利用に適した堅牢な設計や機能を備えたギガビット・インテリジェント・ スイッチです。標準ポートに10/100/1000BASE-Tを8ポート、SFPスロットを4スロット装備しています。AT-IE340-12GPはPoE+モデル、AT-IE340-12GTはNon-PoE+モデルとなっており用途に合わせてお選びいただけます。

【特長】

  • ① 堅牢な設計と耐環境性を追求
  • ファンレスの筐体で最大-40から75℃(※ 1)までの広い温度範囲に対応し、IEC60068-2(※ 2)で定義される振動、衝撃、自由落下試験をクリア、保護等級IP30にも対応し、屋外などの過酷な環境にも導入可能な性能を持ちます。DINレールマウントにも対応し制御盤内に機器をコンパクトに収納することが可能です。
  • ② 最大240Wの給電
  • PoE+モデルのAT-IE340-12GPは大容量給電が可能なPoE+(IEEE 802.3at)(※ 3)に対応し、1ポートあたり30W、装置全体として240Wまで給電可能です。コンセントの設置工事が不要でネットワークカメラや無線LANアクセスポイントなどの様々なPoE+受電機器への電力の供給が可能です。
  • ③ 産業用ネットワークに最適な機能
  • 当社独自のAlliedWare Plus OSに対応し、スイッチングやルーティングなどのレイヤー2 / 3スイッチ機能に加え、G.8032(※ 4)、Modbus/TCP(※ 5)など産業用ネットワークで多く利用されるソフトウェア機能に対応します。
  • ④ 高い可用性
  • 統合管理機能のAMF(※ 6)メンバーに対応し、AMFマスター機器との組み合わせによりネットワークの一元管理、自動構築、自動復旧などを可能にします。多様化・複雑化するネットワークを自律最適化し、安定したネットワーク環境を実現します。

【標準価格】


リリース予定日:6月16日

製品名 概要 標準価格(税別)
AT-IE340-12GP 10/100/1000BASE-T×8(PoE-OUT)、SFPスロット×4 260,000円
AT-IE340-12GP-Z1 10/100/1000BASE-T×8(PoE-OUT)、SFPスロット×4
(デリバリースタンダード保守1年付)
281,000円
AT-IE340-12GP-Z5 10/100/1000BASE-T×8(PoE-OUT)、SFPスロット×4
(デリバリースタンダード保守5年付)
364,000円
AT-IE340-12GP-Z7 10/100/1000BASE-T×8(PoE-OUT)、SFPスロット×4
(デリバリースタンダード保守7年付)
416,000円
AT-IE340-12GT 10/100/1000BASE-T×8、SFPスロット×4 240,000円
AT-IE340-12GT-Z1 10/100/1000BASE-T×8、SFPスロット×4
(デリバリースタンダード保守1年付)
260,000円
AT-IE340-12GT-Z5 10/100/1000BASE-T×8、SFPスロット×4
(デリバリースタンダード保守5年付)
336,000円
AT-IE340-12GT-Z7 10/100/1000BASE-T×8、SFPスロット×4
(デリバリースタンダード保守7年付)
384,000円

※ 1  使用条件により動作保証温度が異なります。
※ 2  IEC規格は、主に電気製品を対象とした環境試験の国際規格です。IEC60068-2は振動、衝撃、自由落下などの環境試験により製品の性能を評価します。
※ 3  PoE (Power over Ethernet) は、LANケーブルを利用し電力を供給し、受電する機器側の電源が不要となる仕組みです。PoE給電対応の機器にて電力の供給が可能となり、給電するLANケーブルにはCat 5E以上の仕様が必要です
※ 4  G.8032(ERPS=Ethernet Ring Protection Switching)は、リング構成のイーサネットネットワークに特化したレイヤー2のループ防止・冗長化機能です。本機能の利用には別途ライセンスが必要です。
※ 5  産業用通信プロトコルのModbus/TCPを産業用ネットワークに組み込むことで、監視用端末からスイッチポートの情報を取得したり、設定を変更したりすることができます。本機能の利用には別途ライセンスが必要です。
※ 6  AMF (Autonomous Management Framework)は、ネットワーク全体を一元管理し、設計・導入・保守コストを大幅に削減する統合管理ソリューションです。AMFマスターと、管理されるAMFメンバーからなりネットワークの統合管理を行います。
注)サポートチケットについては当社ホームページをご覧ください。