news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2020年6月23日

特定エリアだけで無線LAN通信を許可する「エリア認証」に対応
-無線LANソリューションのセキュリティー機能を強化-

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、ユニファイド・ネットワークマネージメント・ソフトウェア(ネットワーク統合管理ソフトウェア)「AT-Vista Manager EX」をバージョンアップし、「Ver.3.2.1」の当社ホームページからのダウンロードサービスを6月23日より開始しました。

【ネットワーク統合管理ソフトウェアAT-Vista Manager EX】
AT-Vista Manager EXは有線・無線も、さらには様々なIoT機器も集約して、見える化による一元管理を可能にするネットワークの統合管理ソフトウェアです。ネットワーク構成が一目で分かるマップ機能や、無線環境の自動調整による安定した高速通信を実現する無線管理機能などに対応し、手間のかからない簡単な運用・管理を実現します。

【Ver.3.2.1で拡張した主な機能】
今回のバージョンアップでは、エリア認証の追加により無線端末の特定エリアのみでの通信を提供可能となります。これにより無線接続のセキュリティー強化を図ることができます。また、ファームウェアアップデートやタイムゾーンの設定などにおいて機能の改善を行い、機器の管理工数を削減します。

  • ■無線エリア認証機能の拡張によるセキュリティーの強化
  • 無線エリア内のクライアント数検知機能を拡張し、特定のエリアのみで接続を許可する新しい認証機能をサポートしました。
    本機能の提供により、各クライアントが通常接続しているSSIDが提供されているサービスエリアの中で、特定エリアのみ接続を許可することが可能となり、無線LAN管理工数を簡素化しながら新しいネットワークセキュリティーを提供します。
    対象無線LANアクセスポイント:AT-TQ5403、AT-TQ5403e (FW Ver.6.0.1-1.1以降)

  • <適用例1>小中高校のネットワーク
  • 生徒が接続する無線ネットワークエリアの中で、生徒が使用する教室や施設が含まれるエリアのみ接続を許可、職員室や利用しない設備の周囲では接続させない。

  • <適用例2>ホテルのインターネットアクセスサービス
  • 宿泊階とロビーのみ接続を許可し、ほかの階では接続させない。

本バージョンで追加・拡張したその他の機能や詳細につきましては、リリースノートをご覧ください。

【バージョンアップ対象製品一例】販売中

製品名 概要 標準価格(税別)
AT-VistaManager EX
AT-VST-BASE-1Y 基本パッケージ(AMFノードマネージメント)1年 250,000円
AT-VST-BASE-5Y 基本パッケージ(AMFノードマネージメント)5年 750,000円
AT-VST-BASE-7Y 基本パッケージ(AMFノードマネージメント)7年 875,000円
AT-VST-BASE-1Y更新用 基本パッケージ(AMFノードマネージメント)1年更新用 250,000円

上記は対象製品の一例です。その他の製品につきましては製品詳細をご覧ください。