news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2020年7月21日

<新サービス>低コスト・スピーディーに
安全・快適なネットワークを実現するクラウドUTMサービスを提供開始

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、クラウドサービスにてUTM機能を提供する新サービス「Net.CyberSecurity クラウドUTMサービス」の提供を7月1日より開始しました。

テクノロジーの進展に伴い、インターネットアクセスが増加する一方、外部からの脅威や内部からの情報漏えいなどが増加し、セキュリティ対策は必須となっています。
当社はセキュリティ対策を低コスト・スピーディーに実現する「Net.CyberSecurity クラウドUTMサービス」の提供を開始しました。

【クラウドUTMサービスの特長】
本サービスは、UTM(※1)の機能をクラウド環境から提供するサービスで、より効果的・効率的なセキュリティ対策を実現します。
複数拠点がある場合や新規拠点を開設する際も、低コスト・スピーディーに導入できます。さらにオプションサービスと組み合わせることで、セキュリティ監視などの高度なオペレーションもお任せいただけます。

<図表:UTMサービスの比較>

【利用シーン】
・インターネットブレイクアウトを導入する拠点のセキュリティを統合管理
帯域を圧迫するクラウドアプリケーションの通信を分散させるインターネットブレイクアウト。
ブレイクアウトした回線をクラウドUTMで収容してセキュリティを統合管理します。インターネットへの通信分散を実現するとともに、セキュリティ対策を統合して導入可能なサービスであり、新たにインターネットブレイクアウトの導入を検討中のお客様にも最適なサービスです。
・テレワークなどリモートアクセスも収容可能なインターネットVPN集約基盤として
インターネットVPNやモバイル端末のリモート接続の集約基盤としての利用が可能です。テレワークなどに必要な安全なリモートアクセスや拠点間接続などを実現します。AWSやAzure、GCPなどのパブリッククラウドとのインターネットVPN集約基盤としてもご利用いただけます。

※1 UTM (Unified Threat Management)は、複数のセキュリティ機能を統合的に運用・管理するセキュリティ対策のことで、統合脅威管理を指します。
注)記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。