news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2021年3月24日

攻撃者を検知・隔離し、不正端末を排除!
さらにセキュリティ教育もできる新サービスが登場

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、「Net.CyberSecurity」のサービスラインナップを拡充し、新たに3つのサービスを展開いたします。

コロナ禍により働き方が変化し、テレワークやオンライン会議などニューノーマル時代の働き方が定着しつつある今、より注目されているのが当社のセキュリティ対策支援サービス「Net.CyberSecurity」です。
今回追加する3つのサービスは、従業員へのセキュリティ教育やマルウェア感染端末による攻撃を検知および当該端末の自動隔離を提供し、様々なシーンにおけるサイバーセキュリティ対策でご活用いただけます。

■セキュリティ教育支援

セキュリティ対策を強化する上で、まずおすすめしたいのがPenTest Mailサービスです。サイバー攻撃をしかけてくる相手は、手を替え品を替え、様々な内容で不正なメールを送ってきます。「ついクリックしてしまった」という方も多いかもしれません。こういった「つい」から大きな被害を受けてしまうことを避けるべく、従業員のセキュリティリテラシー向上に役立つサービスの提供を開始しました。

フィッシングメール訓練サービス(PenTest Mail)
本サービスは、登録したメールアドレス宛に訓練用の疑似メール(様々な内容にカスタム可)を送信します。訓練結果は、メールアドレスごとに「開封した」「本文中のリンクにアクセスした」「アクセス先のサイトに情報を登録した」という、受信履歴の状況を管理画面にて一括で確認できます。訓練結果のデータは保存しておけるので、その後のセキュリティ教育にもご活用いただけます。
体験型教育は重要ですが、時間とコストがかかることから後回しにされることが多い項目です。PenTest Mailサービスを使えば、簡単に、かつ最低限の工数で行うことが可能です。

■Self-Defending Network

当社では、攻撃からの防御をネットワークが自動的に行う”Self-Defending Network”をコンセプトとして、様々なセキュリティ機能・サービスをご提供しております。色々なデバイスがネットワークを利用するIoT時代を迎え、すべてのネットワーク利用デバイスについてセキュリティ対策を施すのはコスト面でも技術面でも難しいのが事実です。そこで新サービスをご活用いただくことで、ネットワーク接続される機器の種類に関係なく、ネットワーク全体のセキュリティを向上させることが可能となります。

①アプリケーション連携による不正端末隔離サービス(Isolation Adapter)
LAN上に設置したセキュリティボックス(Isolation Adapter機能 ※1)が、AMF(Autonomous Management Framework ※2)ネットワークと連携することで、ネットワーク接続を制御し、不正端末を検出・隔離します。またスイッチ構成やステータス、アクセス制御の状態をトポロジー図やグラフにより可視化します。Isolation Adapterの操作・閲覧は、クラウド上に用意された管理画面(セキュリティポータル)により提供されます。
AMFアプリケーションプロキシー機能を備え、ウイザード形式の簡便な設定方法により、次項のAT Decoyや外部のセキュリティアプリケーションと連携して安全なネットワークを実現することができます。

②マルウェア感染端末検出サービス(AT Decoy)
LAN上に設置したセキュリティボックス(AT Decoy機能 ※2)を利用することで、疑似サーバーとして稼働します。マルウェア感染端末がこのAT Decoyに対して攻撃をしかけてくると、その不正アクセスを検出してアラートするサービスです。①のIsolation Adapterと連携すれば、検出から隔離まで自動で行うことが可能となります。

■Net.CyberSecurityの新しいサービス詳細はこちらから

※1 セキュリティボックス…お客様のLAN上に設置するセキュリティ機能アプライアンスです。
クラウド上に準備された管理画面(セキュリティポータル)にて操作や閲覧を行います
※2) AMF…ネットワーク全体を一元管理し、設計・導入・保守コストを大幅に削減する統合管理ソリューションです。
AMFマスターは、AMFネットワーク管理下にあるスイッチなどのノードの運用管理全体をコントロールする機能です