news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2021年3月31日

【ネットワークの運用管理に選択肢を】
ネットワーク統合管理ソフトウェア
AT-Vista Manager EXの動作環境を拡張し柔軟な運用に対応

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、ユニファイド・ネットワークマネージメント・ソフトウェア(ネットワーク統合管理ソフトウェア)「AT-Vista Manager EX」が3月31日からWindows OS以外のOS環境にも新たに対応することを発表します。

 

VirtualBoxを用いた仮想化環境での運用をサポート】

AT-Vista Manager EXは、これまでWindows OS上において駆動するソフトウェアとしてご提供しておりましたが、このたび対応プラットフォームを拡張し、仮想化環境を活用することでWindows OS以外のOS上でのAT-Vista Manager EXの利用(VirtualBox版)を新たにサポートします。

 なお、本拡張はAT-Vista Manager EX 基本パッケージへのエンハンスのため、既存ライセンスの購入によりご利用いただけるようになります。

仮想マシンのシステム要件
仮想マシン VirtualBox version 5.2 / 6.1
CPU Intel Core i5-8400 6コア 2.8GHz 以上
メインメモリー 32GB 以上
ストレージデバイス 630GB 以上 / SSD 相当

※VirtualBoxは、Oracle社が提供する仮想化環境です。

なお、Windows OS版と機能に相違点がありますので、より詳細な情報については、AT-Vista Manager EXのデータシートよりご確認ください。
https://www.allied-telesis.co.jp/products/list/nms/at-vista-ex/vistamanager_ex.pdf

【AT-Vista Manager EX 対応OS拡張製品 】販売中

製品名 概要 標準価格
(税込)
AT-Vista Manager EX
AT-VST-BASE-1Y 基本パッケージ(AMFノードマネージメント)1年 275,000円
AT-VST-BASE-5Y 基本パッケージ(AMFノードマネージメント)5年 825,000円
AT-VST-BASE-7Y 基本パッケージ(AMFノードマネージメント)7年 962,500円

(注) AT-Vista Manager EX 及び、その他ライセンスを利用するためには、各製品のファームウェアバージョンが適用されている必要があります。詳しくは、各製品の仕様をご確認ください。

(注) ソフトウェア使用権許諾契約書に基づき、OS間の移設などは禁止事項となりますのでご注意ください。