製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
一覧
基礎知識
価格表
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
 
有償トレーニングサービス
 
コレガ
 
Palo Alto
Soliton Systems
Fortinet
Pulse Secure
アイビーシー
Schneider Electric
GS YUASA
アイビーソリューション
アイエスエイ
IBM Aspera
Polycom
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
メディアコンバーター
価格表

VDSL2 メディア&レートコンバーター

centre COM
M M C 6 0 0 0 2

AT-MMC6005はRJ-11コネクター、AT-MMC6006はBNCコネクターを搭載したVDSL2対応メディア&レートコンバーターです。
既設の内線電話用のアナログ電話回線や、アナログカメラで使用していた同軸ケーブルをそのままイーサネットとして再利用することで、ネットワーク構築のコストと期間を大幅に削減でき、製造現場、病院、マンションなどのIPネットワークを容易に構築できます。LANの新規配線が難しい既存建物へのネットワーク導入に最適です。
本体にサポートサービス(デリバリースタンダード)の加入権をバンドルした型番をご用意しています。
デリバリー2、デリバリー6、またはオンサイトサービスをご希望の場合には、加入権がバンドルされていない型番にてご購入いただき、別途有償サポートサービスをご契約ください。
MMC6005/MMC6006
「-Z1」はデリバリースタンダード1年加入権利付き
AT-MMC6005-Z1(RoHS)
コード: 4051RZ1
AT-MMC6005-Z5(RoHS)
コード: 4051RZ5
AT-MMC6005-Z7(RoHS)
コード: 4051RZ7
AT-MMC6005(RoHS)
コード: 4051R
AT-MMC6006-Z1(RoHS)
コード: 4052RZ1
AT-MMC6006-Z5(RoHS)
コード: 4052RZ5
AT-MMC6006-Z7(RoHS)
コード: 4052RZ7
AT-MMC6006(RoHS)
コード: 4052R
マニュアル
特長 仕様 外観図 構成図 データシートPDF

特長

既設同軸ケーブルとアナログ内線電話回線の有効活用

アナログ監視カメラで使用されている同軸ケーブルや、内線電話用のアナログ電話回線をそのまま利用して、イーサネットとして再利用することができます。既設の同軸ケーブルを利用することで、製造現場、病院、マンションなどのIPネットワークを低コスト・短期間で構築できます。
AT-MMC6005はRJ-11コネクターを装着したモジュラーケーブル(6極2心以上)に、AT-MMC6006はBNCコネクターを装着した同軸ケーブル(50Ω/75Ω)に対応します。

オートネゴシエーション

10/100/1000BASE-Tポートはオートネゴシエーションに対応、最適な通信速度と通信モード(Full Duplex/Half Duplex)を自動認識します。また接続先のポートの種類(MDI/MDI-X)に関係なく、ストレートケーブル/クロスケーブルのどちらでも利用できます。

最大伝送距離、最大転送速度

最大3km※1まで到達可能で最大300Mbps(双方向)の帯域幅を提供し、VLANタグやMAC情報も透過します。
AT-MMC6006では、信号の減衰が少なくノイズに強い同軸ケーブルを使用するので、長距離・高速通信を実現できます。

DIPスイッチによる簡単設定

VDSLポートの局側/加入者側の設定、VDSL2プロファイルや関連機能(対称/非対称、インターリーブ、G.inp)のプリセットの選択、スマートミッシングリンク機能の設定をDIPスイッチだけで簡単に設定できます。

スマートミッシングリンク(SML)機能※2

一方の10/100/1000BASE-Tポートのリンクが切断された場合、対向機の10/100/1000BASE-Tポートのリンクも自動的に切断します。VDSLポートのリンクが切断された場合は、自機および対向機の10/100/1000BASE-Tポートのリンクを自動的に切断します。
10/100/1000BASE-Tポートのリンク障害を検出した際には対向機の10/100/1000BASE-TポートLEDとVDSLポートLEDが点滅し、VDSLポートのリンク障害を検出した際には10/100/1000BASE-TポートLEDが点滅します。この機能はSML切替スイッチによってON/OFFの設定が可能です。

※1 最大伝送距離は、実際のネットワークトポロジー、干渉や接続損失などに依存します。
※2 同一製品を対向で使用する必要があります。

仕様
準拠規格 IEEE 802.3az 10BASE-Te
IEEE 802.3u 100BASE-TX
IEEE 802.3ab 1000BASE-T
IEEE 802.3az Energy-Efficient Ethernet
適合規格
CE
EMI規格 VCCI クラスA
安全規格 UL60950-1,CSA-C22.2 No.60950-1
EU RoHS指令
通信速度
10/100/1000BASE-Tポート 10/100/1000Mbps
VDSLポート 最大300Mbps(双方向)※1
ポート
AT-MMC6005/AT-MMC6006共通
10/100/1000BASE-T(RJ-45コネクター) ×1
オートネゴシエーション、MDI/MDI-X自動認識
AT-MMC6005
VDSLポート(RJ-11コネクター)※2 ×1
AT-MMC6006
VDSLポート(BNCコネクター)※2 ×1
使用ケーブル
AT-MMC6005/AT-MMC6006共通
10BASE-Te/100BASE-TX UTP カテゴリー5以上
1000BASE-T UTPエンハンスド・カテゴリー5以上
AT-MMC6005
VDSL2 RJ-11モジュラーケーブル(6極2心以上)
AT-MMC6006
VDSL2 BNC同軸ケーブル(50Ω/75Ω)
切替スイッチ
1 VDSLポートの加入者側(CPE(Customer Premises Equipment))と局側(CO(Central Office))モードの切り替え(出荷時CPE)
2〜4 3つのDIPスイッチの組み合わせで、既定のVDSL2プロファイルおよび各種機能のプリセットを選択
5 SML機能の有効/無効の切り替え(出荷時有効)
伝送距離 最大3km※3
LED
ステータスLED
SYS (緑) 電源供給時に点灯、正常動作時、定期的に点滅
VDSLポートLED
DSL (緑) VDSLリンク確立時に点灯
VDSLデータ送受信時にとても速い点滅(6回/秒)
VDSL2回線をトレーニング中に速い点滅(3回/秒)
SML機能有効時:対向機の電源が入っていないか、同軸ケーブルが未接続、もしくは対向機の10/100/1000BASE-Tポート側で障害が発生したためVDSLポート切断時に遅い点滅(1回/秒)
SML機能無効時:対向機の電源が入っていないか、もしくは同軸ケーブル未接続時に遅い点滅(1回/秒)
(ー) SML機能有効時:10/100/1000BASE-Tポート側で障害が発生したためVDSLポート切断時に消灯
10/100/1000BASE-TポートLED
L/A (緑) リンク確立時に点灯
データ送受信時に速い点滅
SML機能有効時:VDSLポート側で障害が発生したため10/100/1000BASE-Tポート切断時に遅い点滅
DUP/COL (緑) Full Duplexでリンク確立時に点灯
コリジョン発生時に速い点滅
SML機能有効時:VDSLポート側で障害が発生したため10/100/1000BASE-Tポート切断時に遅い点滅
電源部
AT-MMC6005 AT-MMC6006
定格入力電圧 AC100-240V
入力電圧範囲 AC90-264V
定格周波数 50/60Hz
定格入力電流 0.5A
最大入力電流(実測値) 0.10A 0.09A
平均消費電力 3.7W(最大4.2W) 3.6W(最大4.2W)
平均発熱量 13kJ/h(最大15kJ/h)
環境条件
動作時温度 0〜45℃
動作時湿度 5〜90%(結露なきこと)
保管時温度 -30〜70℃
動作時湿度 5〜95%(結露なきこと)
外形寸法 55(W)×102(D)×21(H)mm
質量
本体 180g 190g
ACアダプター 110g
パッケージ内容 本体、ACアダプター、ゴム足(4個)、梱包内容、本製品をお使いの前に、英文製品情報※4、製品保証書(5年間)、シリアル番号シール(2枚)
オプション(別売)
AT-MMCR18 19インチラックマウントキット※5
AT-MMCR-PWR-AC-70 AT-MMCR18用AC電源ユニット
AT-MMCR-PWR-DC-80 AT-MMCR18用DC電源ユニット
AT-MMCR-FAN AT-MMCR18用スペアファンモジュール
AT-RTNR-01 電源ケーブル抜け防止金具※6
AT-PWRCBL-J01L/J01R L字型コネクター電源ケーブル(左/右)※6 ※7
AT-MMCTRAY6 19インチラックマウントキット
AT-MMCWLMT 壁設置用ブラケット
マグネットシートS 壁設置用磁石※8
製品の設置方向について: AT-MMC6000
※1 最大通信速度は、伝送距離が小さい場合において測定した値であり、上記の最大伝送距離における通信速度を保障するものではありません。実際のVDSLリンクの伝送距離によって通信速度は低下します。
※2 同一製品を対向で使用する必要があります。
※3 最大伝送距離は、実際のネットワークトポロジー、干渉や接続損失などに依存します。
※4 日本語版マニュアルのみに従って、正しくご使用ください。
※5 AT-MMCR18には電源ユニットは付属しません(AT-MMCR-FANは付属)。必ずAC電源ユニット(AT-MMCR-PWR-AC-70)またはDC電源ユニット(AT-MMCR-PWRDC-80)とセットでお買い求めください。
※6 AT-PWRCBL-J01L/J01RとAT-RTNR-01は併用できません。
※7 AT-PWRCBL-J01RはPSU2(右側)でのみ使用可能
※8 1枚で2台まで取り付け可能です。
仕様 -オプション-
AT-MMCR18/AT-MMCR-PWR-AC-70/AT-MMCR-PWR-DC-80/AT-MMCR-FAN
適合規格
CE
EMI規格 VCCI クラスA
安全規格 UL60950-1,CSA-C22.2 No.60950-1
EU RoHS指令
ポート
AT-MMCR-FAN
アラーム出力端子(FAULT LEDに連動して発報) ×1
LED
AT-MMCR18
ステータスLED
FAULT (赤) 電源/ファンの障害発生時に点灯
TEMP (黄) 温度異常発生時に点灯
電源ユニットLED
PWR1/PWR2 (緑) 正常に電源供給時に点灯
ファンLED
FAN1/FAN2 (緑) 正常動作時に点灯
電源部
AT-MMCR-PWR-AC-70 AT-MMCR-PWR-DC-80
定格入力電圧 AC100-240V DC40-60V
入力電圧範囲 AC90-264V DC36-72V
定格周波数 50/60Hz
定格入力電流 2.0A 1.5A
AT-MMCR18本体
(AT-MMCR-PWR-AC-70×1台、×2台使用時)
AT-MMCR18本体
(AT-MMCR-PWR-DC-80×1台、×2台使用時)
最大入力電流(実測値) 0.93A 1.40A
平均消費電力 47W(最大52W) 48W(最大55W)
平均発熱量 170kJ/h
(最大190kJ/h)
170kJ/h
(最大200kJ/h)
環境条件
動作時温度 0〜50℃
動作時湿度 5〜90%(結露なきこと)
保管時温度 -30〜70℃
動作時湿度 5〜95%(結露なきこと)
外形寸法
AT-MMCR18 440(W)×255(D)×87(H)mm
AT-MMCR-PWR-AC-70 225(W)×85(D)×43(H)mm
AT-MMCR-PWR-DC-80 225(W)×85(D)×43(H)mm
AT-MMCR-FAN 332(W)×86(D)×40(H)mm
質量
AT-MMCR18 6.7kg※1
AT-MMCR-PWR-AC-70 690g
AT-MMCR-PWR-DC-80 620g
AT-MMCR-FAN 810g
パッケージ内容
AT-MMCR18※2
本体、ラックマウントブラケット(2個)、ブラケット用ネジ(8本)、ブランクパネル(18個)、ポートガイド(18個)、ブランクパネル/ポートガイド用ネジ(54個)、梱包内容、本製品をお使いの前に、英文製品情報※3、製品保証書(5年間)、シリアル番号シール(2枚)
AT-MMCR-PWR-AC-70/AT-MMCR-PWR-DC-80
本体、AC電源ケーブル(AT-MMCR-PWR-AC-70のみ)※4、英文製品情報※3、製品保証書(5年間)、シリアル番号シール(2枚)
AT-MMCR-FAN
本体、英文製品情報※3、製品保証書(5年間)、シリアル番号シール(2枚)
※1 ご購入時の状態。AT-MMCR18本体に、ファンモジュール、輸送用カバーパネル、電源ユニットスロット用カバーパネル×2個の質量を含みます。
※2 AT-MMCR18には電源ユニットは付属しません(AT-MMCR-FANは付属)。必ずAC電源ユニット(AT-MMCR-PWR-AC-70)またはDC電源ユニット(AT-MMCR-PWRDC-80)とセットでお買い求めください。
※3 日本語版マニュアルのみに従って、正しくご使用ください。
※4 同梱のAC電源ケーブルはAC100V用です。AC200Vでご使用の場合は、設置業者にご相談ください。

外観図

接続例
接続例 アナログ電話回線を利用してネットワーク構築!
接続例 アナログカメラの同軸ケーブルを利用してネットワーク構築!
2019年5月 現在


PAGE TOP