news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2018年7月25日

サイバーセキュリティ対策デジタルフォレンジック トレーニング環境『CSXトレーニングプラットフォーム』の販売を開始

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、国際的なシステム監査資格団体ISACA(本部所在地 米国イリノイ州、CEO Matt Loeb)のサイバーセキュリティ対策トレーニング環境『CSX(CybersecurityNexus (CSX))トレーニングプラットフォーム』の販売を開始しました。

『CSXトレーニングプラットフォーム』は、バーチャル・ラボ形式を採用したデジタルフォレンジックを習得するための研修プログラムです。学習者は指定のURLにログインするだけで、実際のデータセンターに設置されているような高価な機材群を直接制御することができ、分析するためのさまざまなアプリケーション(WireShark、Nmap、Netdiscover、etc)を起動しながらフォレンジックの実習が可能です。そのため、従来の実機学習でかかる機材費やシステム構築費の削減のみならず、研修時間の短縮も可能な研修プログラムを実現しています。バーチャル・ラボは100を超えるテーマで構成されており(115コンテンツ(2018年7月現在))、テーマはサイバーセキュリティに限らず、IoTやLINUXなど多岐にわたっています。また、CSXはブラウザベースのe-ラーニングツールのため、常に最新のトレンドに合致したラボに進化し続けています。これにより受講者は常に最新の知識を得ることが可能です。

『CSXトレーニングプラットフォーム』は、1年間のアニュアルライセンス形式で提供されます。
製品の詳細はこちらをご覧下さい。

製品名と標準価格

製品名 価格(税別) 注文受付開始日
CSX-TrainingLicense-1Y 590,000円 7月25日