news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2020年2月7日

栃木県サイバーセキュリティに関する相互協力協定を締結

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、2020年2月4日、栃木県サイバーセキュリティに関する相互協力協定(2019年締結)に新たに参画し、協定機関の栃木県、栃木県警察などを含む参画団体と本協定を締結しました。

栃木県サイバーセキュリティに関する相互協力協定は、協定機関の相互理解による高い信頼と協力関係に基づき、サイバー空間における脅威に的確に対処するための取り組みを推進することにより、同県民および県内で活動する中小企業等のサイバーセキュリティに対する意識を向上させ、安全で安心なサイバー空間の実現を図ることを目的としています。

【協定の内容】
(1)サイバーセキュリティに関する広告啓発活動の推進
(2)サイバーセキュリティに関する情報共有体制の構築
(3)サイバーセキュリティに関する相談体制の構築
(4)サイバー空間の脅威に対処できる人材の育成
(5)その他、本協定の目的を達成するために必要な事項

アライドテレシスは、近年増加するサイバー空間における脅威へ対応するために、サイバーセキュリティ対策に必要不可欠なIT技術者育成のための教育事業や、脆弱性診断サービスなど、包括的なサイバーセキュリティソリューションを提供しています。ネットワーク専業メーカーとして長年培ってきた技術力と、サイバーセキュリティソリューション提供を通じて培った知見を通じて、安全で安心なサイバー空間の実現に貢献するため、このたびの協定の締結に至りました。

同日行われた締結式にて、弊社代表取締役副社長の長尾利彦は今回の協定の締結に関して次のようにコメントしました。「本協定を通じて弊社のノウハウをご活用いただきながら栃木県のサイバーセキュリティの強化に邁進してまいります」

アライドテレシスは、今後も付加価値の高いソリューションやサービスを提供することで、安全に情報を活用できる豊かな社会の実現に向けて貢献してまいります。

相互協力協定締結式
相互協力協定締結式