news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2020年7月21日

サブスクリプションでお手軽導入!
導入コストの削減を支援するクラウドサービス型ネットワーク管理機能の提供を開始

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、2013年(*1)からご提供を開始した当社独自開発のネットワーク・ITインフラ統合管理機能について、サブスクリプション形式のクラウドサービスで利用できる「Net.AMF プラットフォーム」の提供を6月1日から開始しました。

【市場背景】
IT技術の革新と普及拡大により、ネットワークの重要性が高まる一方、ITインフラが高度に複雑化していることで導入・運用コストは増加の一途をたどり、管理者の負荷が激増しています。

【Net.Serviceについて】
当社では、ITシステムの基盤を支えるネットワーク専門メーカーとして培ってきた豊富な経験と実績をもとに、導入支援、運用支援・ITインフラからセキュリティの監視、コンサルティングサービスまで、トータルのワンストップサービスとして「Net.Service (ネット・ドット・サービス)をご提供しています。

【新サービスメニュー「Net.AMF プラットフォーム」について】
「Net.AMFプラットフォーム」は、ネットワークの一元管理や自動復旧機能(AMF)(*2)、自律型無線LAN機能(AWC)(*3)、アプリケーション連携機能(AMF-SEC)(*4)など、当社独自のITインフラ管理機能をサブスクリプション形式のクラウドサービスでご利用いただけます。そのため、ご利用になりたい機能や、ご利用期間を柔軟に選択することを可能とし、導入コストの削減を実現するとともに、「監視などの運用はすでに自社で行っているので、ITインフラ管理機能だけを使ってみたい」といったご要望にお応えすることできます。

【「Net.AMFプラットフォーム」導入のメリット】
①導入コストの削減
クラウド型のサービスのため専用の機器が必要ありません。また、サブスクリプション型のため、必要な機能のみを期間単位での利用が可能です。導入コストを、必要な機能利用分に抑えることができます。
②ニーズや利用シーンに応じて、サービス利用形態を選択
必要な機能を単体のサービスとしてご利用することも可能なうえ、導入支援・運用支援サービスや、セキュリティ対策支援サービスと組み合わせて、ワンストップでの利用も可能です。柔軟にサービスを選択・組み合わせて利用が可能です。
③スモールスタートにも、大規模ネットワークにも対応
ITインフラ管理機能は、管理対象となるAMFメンバー(ルーターやスイッチ)とAWCメンバー(無線AP)1台単位で利用できます。スモールスタートで利用を開始し、規模の拡大に合わせて利用範囲を柔軟に拡張することができます。

(表1:Net.AMF サービスラインナップ)

※1 機器単体の切り分け
※2 Trap,システム情報,メモリ,CPU
※3 無線AP 20台以下…AT-AR4050S、無線AP 21台以上…AT-x530-28GTXmを機器貸出
※4 AWC機能のオプションサービスとして、AWC-CB/SC 機能を提供(リリース予定)
※5 オンサイト切り分け、定期ログ確認等オプションを多数選択可能
※6 ポータルサイト内のマップは含まれません

「Net.AMF プラットフォーム」についての詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.allied-telesis.co.jp/net.service/net-amf/index.html

*1:AMFは2013年から提供を開始、AWCは2017年から提供を開始しています。
*2:AMFは、ネットワーク全体を一元管理し、設計・導入・保守コストを大幅に削減する統合管理ソリューションです。AMFマスターは、AMFネットワーク管理下にあるスイッチなどのノードの運用管理全体をコントロールする機能です。
https://www.allied-telesis.co.jp/solution/intent-amf/amf/
*3:AWCは、無線エリア内の収集した電波状況をもとに、チャンネルや電波出力を自動的に調整する自律型無線LANソリューションです。アクセスポイント間の電波干渉を最小化することで、安定した通信を実現します。
https://www.allied-telesis.co.jp/solution/wireless/awc/
*4:AMF-SECは、パートナーアプリケーションと連携してアクセス制御を行うセキュリティソリューションです。感染した端末を自動的にネットワークから遮断、セキュリティインシデントの拡散を抑止します。さらに、セキュリティの強化だけではなく、夜間・休日の作業からネットワーク管理者を解放し、運用負荷の軽減や運用コストの軽減も実現できます。
https://www.allied-telesis.co.jp/solution/intent-amf/amf-sec/