news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2021年1月15日

【ネットワークの運用管理を次のレベルへ】
管理者の意思を自動的に実現し、状態を維持。ネットワーク統合管理ソフトウェア AT-Vista Manager EXをバージョンアップ

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、ユニファイド・ネットワークマネージメント・ソフトウェア(ネットワーク統合管理ソフトウェア)「AT-Vista Manager EX」を「Ver.3.5.0」にバージョンアップし、当社ホームページからのダウンロードサービスを1月15日より開始します。また本バージョンアップによって利用可能となる新機能が拡張可能となる新規ライセンスの出荷も1月18日より開始します。

ネットワークの運用管理を次の次元へ Vista Manager EX

ネットワーク管理が自動化され、管理者は意思決定するだけ

AT-Vista Manager EX「Ver.3.5.0」は、インテントベースマネージメントを実現するAllied Telesis Intent Base Orchestrator(AIO)の各種機能をAT-Vista Manager EXの新ライセンス(*1)でサポートします。AIOは、自動的にネットワーク運用状態を監視し、情報収集と分析、ネットワーク運用状態に問題点や課題がある場合はその改善方法をGUI上で可視化します。そのため、ネットワーク管理者は専門知識を必要とする技術的な改善方法を自ら調査・検討せずとも、AIOが提案する改善方法を確認し、意思決定を行う(インテントベース)だけで、簡単にネットワークを最適な状態で管理(マネージメント)することが可能になります。

AIOでSD-WANの自動化を実現

今回「Ver.3.5.0」では、AIOに対応する当社ルーター製品を利用したSD-WAN環境の管理と運用が簡単に実現可能となる機能が搭載されます。

■WAN通信の自動帯域制御(WANトラフィックシェーピング)
センター側のルーターが複数の拠点ルーターと相互接続されている環境において、拠点側からセンター側が受けるトラフィックが集中した場合、センター側の輻輳を回避するために、AT-Vista Manager EXが自動で拠点側ルーターの設定を変更し、センター側へのトラフィック量を調整します。
AT-Vista Manager EXがネットワーク状態を監視し、センターと拠点間のWAN回線の最適化を自動的に実施するため、ネットワーク管理者が常にネットワークを監視し、技術的な知識を要する設定作業に追われることなく、WAN回線の通信状況を快適に保ちます。

動作イメージ:自動帯域制御(WANトラフィックシェーピング)
動作イメージ:自動帯域制御(WANトラフィックシェーピング)

■セキュアで安定したWAN回線の構築が自動化できるダイナミックVPN
複数拠点とセンター間のWAN回線はVPNを利用して安全性を保ちますが、拠点間同士の通信の度にセンターサイトを経由して通信を実行するとセンター側に通信が集中するためネットワーク全体の品質低下につながります。しかし、VPN内に拠点間同士の通信をセンター側に通さないVPNトンネルを構築すればネットワークの品質を一定に保つことが可能です。
AT-Vista Manager EXの管理画面の1つ、トポロジーマップ画面において、VPNトンネルを構成したいルーター間にマウス操作で線を引くだけで設定が可能となります。これまでVPNトンネル構成には高度な専門知識と複雑な設定作業が必要となるため、ネットワーク管理者の作業負荷となっていましたが、この機能を活用することで、セキュアで安定したWAN回線の構築が自動化できるダイナミックVPNが簡単に実現可能です。

動作イメージ:安定した拠点間通信を実現するダイナミックVPN
動作イメージ:アプリケーションごとの通信優先度の設定を自動化

■アプリケーションごとの通信優先度の設定が自動化できるアプリケーションQoS
クラウドサービスでメールやオンライン会議のアプリケーションを利用する際、その利用頻度の高さからWANおよびインターネット通信を圧迫しネットワーク全体の品質が低下してしまう場合、AT-Vista Manager EXの管理画面の1つ、トラフィックマップ画面からアプリケーションごとの通信優先度を「高・標準・低」の3段階で設定可能です。トラフィックマップ画面で通信状況が可視化され、確認と設定を同一画面で実行が可能です。複雑な設定などが不要で、通信優先度に基づいて自動的に通信優先度の制御が可能となります。

動作イメージ:アプリケーションごとの通信優先度の設定を自動化
動作イメージ:アプリケーションごとの通信優先度の設定を自動化

本バージョンで追加・拡張したAIO機能および、その他機能の詳細については、リリースノートをご覧ください。

【新規ライセンス(*1)】(リリース日:1月15日)

製品名 概要 標準価格(税別)
Allied Telesis Intent Base Orchestrator(AIO)用 ライセンス
AT-VST-AIO-1Y Vista Managerシリーズ用
インテントベースオーケストレーターライセンス1年
60,000円
AT-VST-AIO-5Y Vista Managerシリーズ用
インテントベースオーケストレーターライセンス5年
180,000円
AT-VST-AIO-7Y Vista Managerシリーズ用
インテントベースオーケストレーターライセンス7年
210,000円
AT-VST-AIO-1Y更新用 Vista Managerシリーズ用
インテントベースオーケストレーターライセンス1年更新用
60,000円

【「Ver.3.5.0」バージョンアップ対象製品一例】販売中

製品名 概要 標準価格(税別)
AT-Vista Manager EX
AT-VST-BASE-1Y 基本パッケージ(AMFノードマネージメント)1年 250,000円
AT-VST-BASE-5Y 基本パッケージ(AMFノードマネージメント)5年 750,000円
AT-VST-BASE-7Y 基本パッケージ(AMFノードマネージメント)7年 875,000円
AT-VST-BASE-1Y更新用 基本パッケージ(AMFノードマネージメント)1年更新用 250,000円

上記は対象製品の一例です。その他の製品につきましては製品詳細をご覧ください。

(*1) Allied Telesis Intent Base Orchestrator(AIO)の各種機能の利用には、AT-Vista Manager EX用の新ライセンスが必要です。
(注) AT-Vista Manager EX Ver.3.5.0 及び、新ライセンスを利用するためには、管理対象となる各製品のファームウェアバージョンが適用されている必要があります。詳しくは、各製品の仕様をご確認ください。