news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2021年3月26日

【世の中の安全をネットワークから創る~DX時代のITソリューションをご紹介】
Interop Tokyo 2021に出展

アライドテレシス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大嶋章禎)は、2021年4月14日(水)から16日(金)まで幕張メッセにて開催される「Interop Tokyo 2021」に出展します。

ニューノーマル時代を迎えた今、DXの推進やワークスタイルの変革が求められると同時に、複雑化したIT環境や悪質巧妙化するサイバー攻撃などへの迅速な対策が求められています。そこで当社は、本年度のInterop Tokyoにおいて、現ITインフラが抱える課題解決の鍵となる製品やソリューションをご紹介します。
今回は【世の中の安全をネットワークから創る~つなぐ・つながる 新たなステージへ~】をテーマに、重要性がより一層高まるITインフラの観点から「管理者の”意思”に基づくネットワーク管理の自動化・省力化を実現する新たなソリューション」、「管理性や運用性がより向上した無線LAN」や「サイバー攻撃対策が手軽に行えるサイバーセキュリティソリューション」などをご紹介します。
また、デモンストレーションとして、キングソフト株式会社協力のもと、AIサービスロボット(Lanky)を利用した無線LANによる運用管理や位置検知を紹介します。
なお、今年度は3日間のリアルでの開催の後、翌週の1週間、オンライン開催を行う2段階の開催方式となっており、オンラインにも合わせて出展いたします。

【出展内容】

<ブーステーマ>
「世の中の安全をネットワークから創る ~つなぐ・つながる 新たなステージへ~」

<展示1>ネットワーク統合管理
-管理者の”意思”を実現 -ネットワーク管理の自動化・省力化-(AIO)
-ネットワーク・パフォーマンスの最適化と快適なネットワーク管理を実現(AMF-WAN)
-分析・運用・学習・収集の自律化で管理者の負担を軽減(AMF)
-無線LANネットワークをバックボーンに活用(AWC/AMF-Wireless LAN)
-複雑化したネットワークを簡単に管理・可視化(Vista Managerシリーズ)

<展示2>無線LAN
-Wi-Fi6&AWCによる音声・映像・データの安定した同時通信(Multi Demensional Exchange/AT-TQ6602)
-デバイスの資産管理や位置推定を可視化(Vista Managerシリーズ)
-無線LANアクセスポイントラインナップ展示
-無線LANとつながるデバイス展示(セイコーソリューションズ株式会社 NTPクロック 他)

<展示3>サイバーセキュリティ
-WebやLANシステムのセキュリティリスクを事前に把握(Net.CyberSecurity 脆弱性診断サービス)
-様々なアプリケーションと連携したセキュリティ対策(AMF-SEC)
-トラフィックの動的自動制御とマルウェアなどの通信検知を実現(Isolation Adapter/AT Decoy)

<展示4>IT運用支援
-仮想化試験・評価環境をオンデマンドで構築(Tokalabs)
-インターネットブレイクアウトを実現するクラウド型セキュリティ(アライド光/SD-WANパック)
-あんしんのOne Stop ITサービス(Net.Service)

<ブースプレゼンテーション>
○無線LANソリューション&AIサービスロボット(Lanky)…協力:キングソフト株式会社
○ネットワーク統合管理ソリューション&デモ
○サイバーセキュリティソリューション&デモ

詳細は当社ホームページをご覧ください。
https://www.allied-telesis.co.jp/event/exhibit/interop2021/

【開催概要】

名称 Interop Tokyo 2021
会期 2021年4月14日(水)~16日(金)10:00~18:00 ※最終日のみ17:00まで
会場 幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)
主催 Interop Tokyo 実行委員会
運営 一般社団法人インターネット協会/株式会社ナノオプト・メディア
特別協力 WIDEプロジェクト
来場者数 200,000人見込(オンライン開催を含む)
同時開催 デジタルサイネージジャパン2021、ロケーションビジネスジャパン2021、
APPS JAPAN2021
公式URL https://www.interop.jp/

(注) 記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。