news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2021年7月9日

参加費無料! 医療機関 情報システム部門ご担当者様向けオンラインセミナー
– 助成金申請は9月30日まで!それまでに知りたい 患者さん向けWi-Fiの必要性と整備ポイントを紹介

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、8月10日(火)に8月度の『NETREND 医療ネットワークオンラインセミナー』を開催いたします。

NETREND 医療ネットワークオンラインセミナー

新型コロナウイルス感染拡大を背景に、厚生労働省が対象医療機関などの感染拡大防止対策等に要する費用を補助する「令和3年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金」の申請期限が2021年9月30日と迫っています。
オンラインでの面会が増えているほか、長期入院をしている学生が病室で遠隔授業を受講したり、外国人や聴覚障がい者への通訳サービスを提供したりと、患者さん向けのWi-Fi環境はライフラインのひとつとも言える状況です。
この「患者さん向けWi-Fi整備」が先述した支援補助金の対象に含まれたことを踏まえ、今回のオンラインセミナーでは、Wi-Fiの必要性から整備のポイントまで、過去の導入事例を交えて細かくご紹介。 医療機関の規模やWi-Fi導入の目的、課題などを挙げて分かりやすく説明いたします。
8月の医療ネットワークオンラインセミナーでは、特別講演者にフリーアナウンサーであり「#病室WiFi協議会」のメンバーでもある笠井信輔氏 をお迎えします。ご自身が経験された悪性リンパ腫による闘病生活で感じた孤独…。そこから「#病室WiFi協議会」の発足に至るきっかけのほか、協議会の活動内容や苦労話、そしていかに入院患者にとってWi-Fiが重要なものであるかなどについてお話をいただく予定です。以下、笠井氏からのメッセージです。

今年4月、厚生労働省の通達で病室の患者用Wi-Fiに補助金が付きました。いくつかの条件がありますが全額補助も可能です。申請締め切りは9月末日。しかし、申請件数はわずかのようです。
予算措置をご存じない病院がとても多いのです。知ったとしても、患者用Wi-Fi設置が病院経営に寄与しないと多くの病院が感じているからです。しかしコロナの時代の今、それはあまりに古い考えだと言えます。今回の予算措置の原動力となった「#病室WiFi協議会」を仲間と1月に作ったのはなぜなのか? 国はなぜこんなにも早く予算化を実現したのか? 5年後には入院患者用Wi-Fiを実現できていない病院は見向きもなされないのでは? と案じております。ぜひセミナーにご参加ください。

また当社からはソリューションエンジニアリング本部 東京プロジェクトマネージメント部 次長佐々木達也が講師として、「院内に必要なライフライン!”患者さん用Wi-Fi” 整備のポイント ~既設ネットワークへの影響やセキュリティを考慮した対策とは~」をテーマに、病院内の様々な医療機器、既設Wi-Fiとの電波干渉や、業務ネットワークとの分離、認証などに触れながら、患者さん用Wi-Fi環境を整備する際のポイント をご紹介いたします。

本セミナーは、病院など各医療機関の情報システムやセキュリティに関わる職員様、および関係する企業様を対象にオンライン配信型で実施いたします。医療施設におけるITインフラ構築に不安や疑問などを抱えているご担当者様や関連企業様のお役に立てる情報を発信する充実したセミナー内容となっております。参加費は無料です。たくさんの方々のご登録とご参加を心よりお待ちしております。

【開催概要】

名称 NETREND 医療ネットワークオンラインセミナー
「院内に必要なライフライン!” 患者さん用Wi-Fi” 整備のポイント
~既設ネットワークへの影響やセキュリティを考慮した対策とは~」」
主催 アライドテレシス株式会社
協力 株式会社日本医療企画
日時 2021年8月10日(火)16:00~17:10
形式 Web会議システムZoomを利用したオンライン配信
対象 医療従事者、および関連企業の方
費用 無料(定員100名)
申込 当社ウェブサイトからの事前登録制
https://zoom.us/webinar/register/WN_QrjkxIoDSvaUZLyd3BcU9g
詳細 https://www.allied-telesis.co.jp/event/seminar/med2021_3/

【セミナー内容/タイムスケジュール】

15:45~ オンライン配信開始 ※接続開始が可能な時間となります
16:00~16:30 特別講演 「国の予算で患者用病室Wi-Fiを開設しなければいけない理由
フリーアナウンサー
笠井信輔氏
<プロフィール>
1963年東京都世田谷区生まれ。1987年 早稲田大学を卒業後、フジテレビ入社。アナウンサーとしてのキャリアを積み、朝の情報番組「とくダネ!」では名アシスタントとして20年間担当。2019年33年勤めたフジテレビを退社し、フリーアナウンサーとなるが、2か月後に血液のがんである悪性リンパ種と判明。4か月半の入院、治療の結果「完全寛解」となる。現在、テレビ、ラジオ、講演などのほか、自身の経験からがん知識の普及活動はもとより、#病室WiFi協議会を結成するなど幅広く活動している。
#病室WiFi協議会HP…https://wifi4all.jpn.org/hospital
16:30~16:55 アライドテレシス プレゼンテーション
「院内に必要なライフライン!”患者さん用Wi-Fi” 整備のポイント
 ~既設ネットワークへの影響やセキュリティを考慮した対策とは~

アライドテレシス株式会社
ソリューションエンジニアリング本部
東京プロジェクトマネージメント部 次長 佐々木達也
<概要>
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オンライン面会用・入院患者様用として求められるWi-Fi環境。病院内の様々な医療機器、既設Wi-Fiとの電波干渉や、業務ネットワークとの分離、認証など、どう設計し設置するべきかという、導入者様が悩まれるポイントを解決いたします。実際の導入事例も交えながら、患者さん用Wi-Fi導入に向けた工事や最適なWi-Fi設計構築についてご紹介いたします。
16:55~17:10 質疑応答
17:10 終了予定

注)セミナー構成や内容は、都合により変更される場合がございます。予めご了承ください。
注)記載されている商品またはサービスの名称等はアライドテレシスホールディングス株式会社、アライドテレシス株式会社およびグループ各社、ならびに第三者や各社の商標または登録商標です。