news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2021年10月6日

第4回 [名古屋]スマート工場EXPOに出展。
「強いネットワークで工場を支える-製造業DXを推進するアライドテレシス-」 をテーマに、安定稼働を実現する無線LAN環境の構築と運用管理、そのセキュリティ対策を独自のソリューションで紹介します

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、2021年10月27日(水)から29日(金)までポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催される第4回[名古屋]スマート工場EXPOへ出展します。

第4回[名古屋]スマート工場EXPO

スマート工場EXPOは、急速な市場拡大を見せているスマート工場化に必要不可欠な「製造業IoT」分野に特化している展示会です。今回は、スマート工場の実現を可能とするIoTやAIによる遠隔監視、予兆保全、見える化ソリューションのほか、ロボットや生産管理システムなど、製造業におけるDX(Digital Transformation)※1  の最新技術が集結します。

当社ブースでは「強いネットワークで工場を支える-製造業DXを推進するアライドテレシス-」をテーマに、製造業におけるDXを実現させるために必要不可欠なソリューションやサービスを展示します。工場内で使用される様々な機器のネットワーク化はもちろんのこと、工場と工場間、拠点と本社間をつなぐネットワークの強化を図るための方法などを紹介します。

また、工場での無線LAN活用をイメージしたデモンストレーションも行います。無人搬送車やハンディーターミナルのような移動しながら通信を行う機器でも、通信が途切れることのない当社独自のソリューション「AWC-CB」から、接続端末の位置やログ、ネットワークの状況を可視化することで運用管理が容易となるネットワーク統合管理ソフトウェア「AT-Vista Manager EX」までご紹介。どのような管理画面で、いかに操作しやすいかをお伝えします。

さらに、工場DXを推進するにあたり必要不可欠なセキュリティ対策についても、最新のソリューションをご紹介します。セキュリティリスクを事前に把握するための「脆弱性診断サービス」や、次々と手を変えて攻撃を仕掛けてくるサイバー攻撃に対して、感染端末を検出し自動で隔離する「感染端末検出・制御サービス」、そして被疑端末を検出し、ネットワークから自動で遮断隔離を行う「AMF-SEC」など、どのセキュリティ対策を選べばよいのかなども分かりやすくお伝えします。

展示製品の一例これらのソリューション以外にも、工場での過酷な使用環境にも耐えうる産業向けのスイッチ製品やルーター製品など、当社でラインナップしている製品の魅力を余すことなく紹介します。ご来場の際には、ぜひ当社ブースにお立ち寄りください。

多くの課題をアライドテレシスのソリューションで解決

■アライドテレシス出展内容

【テーマ】
・強いネットワークで工場を支える-製造業DXを推進するアライドテレシス-

【無線LAN/Wi-Fi】
・工場の快適な無線LAN環境を創る(AWC-CB)
・安心して使える無線LANのセキュリティ対策(AT-Vista Manager EX)
・無線LANのよくある課題を解決(AWC-CB/AWC-SC、AT-Vista Manager EX)

【セキュリティ対策】
・ネットワークから安全安心に(AMF-SEC)
・感染端末の検出、隔離の自動化(Net.CyberSecurity 感染端末検出・制御サービス)
・セキュリティリスクを事前に把握(Net.CyberSecurity 脆弱性診断サービス)

出展内容などの詳細は当社ホームページにてご確認ください。

■開催概要

名 称 第4回[名古屋]スマート工場 EXPO -IoT/AI/FAによる製造革新 展-
会 期 2021年10月27日(水)~29日(金)10:00~17:00
会 場 ポートメッセなごや(名古屋国際展示場)第1展示館
アライドテレシスブース番号:28-26
主 催 RX Japan株式会社(旧社名: リードエグジビションジャパン)
URL https://www.sma-fac-nagoya.jp

※1 )DX(Digital Transformation)…企業や組織が社会的な現象やビジネスを取り巻く激しい変化に対して、IoTやAIなど最新のデジタル技術を活用し、経済や社会に新たな価値を生み出しより良い変革を起こすこと
)最新の情報は当社ウェブサイトをご覧ください
)記載されている商品またはサービスの名称等はアライドテレシスホールディングス株式会社、アライドテレシス株式会社およびグループ各社、ならびに第三者や各社の商標または登録商標です