news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2022年2月9日

Wi-Fi6対応8×8の最新無線LANアクセスポイント
「AT-TQ6702 GEN2」を採用し、
第44回全国選抜高校テニス大会の会場Wi-Fi環境を構築

アライドテレシス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大嶋章禎)は、2022年3月20日(日)から3月26日(土)に福岡県で開催される第44回全国選抜高校テニス大会の会場Wi-Fi環境において、新発売の超高速・大容量・大規模環境に適した無線LANアクセスポイント「AT-TQ6702 GEN2」が採用されたことをお知らせします。また本ネットワークを、自律型無線LANソリューション「AWC(Autonomous Wave Control)」と無線エリアを簡単に広げることが可能な「AWC-SC(Smart Connect)」で構築し、大会運営へ協賛いたします。


 毎年3月、福岡県で開催される全国選抜高校テニス大会の会場において、一昨年、昨年に引き続き今年も当社が無線LAN環境の構築を提供することとなりました。
 会場内の主要エリアでは、屋内用として昨年12月末に発売したばかりの最新無線LANアクセスポイント「AT-TQ6702 GEN2」を5台設置します。
 このAT-TQ6702 GEN2はIEEE 802.11axに対応し、2.4GHz帯/5GHz帯それぞれの無線回路を装備。Wi-Fi6の8空間ストリームに対応するため、今回のテニス大会の会場などのような超高速・大容量が必要とされる大規模環境にも適した無線LANアクセスポイントです。
 また屋外用無線LANアクセスポイントとしては、昨年に引き続き「AT-TQ5403e」を6台設置します。


 会場は福岡空港から近く、空港の気象レーダーやモバイルルーターなどの干渉を受けやすい立地にありますが、当社独自の無線LANソリューション「AWC (Autonomous Wave Control) 」がチャンネルや電波の調整を自律的に行い、最適なWi-Fi環境を実現します。また、どこにでも簡単に無線LANを新設・増設可能な「AWC-SC (AWC-Smart Connect)」で、LANケーブルの配線工事が困難な屋外でも無理なくネットワークを構築できます。配線が不要なため、今回のような一時的なイベント会場での運用にも最適です。
 会場では、例年のように各コートで行われる試合スコアのリアルタイム共有や、関係者間の連絡網など大会の円滑な運営インフラとして当社のWi-Fi環境が活用される他、今年はスポンサー企業の出展ブースのインタビュー映像のライブ中継も行われ、そこでもWi-Fi環境が活躍します。そして関係者などがPCやスマートフォン、タブレット端末で快適にインターネットが利用できるフリーWi-Fi環境も提供いたします。構築や会期中の管理運用に手間のかからない、高品質で安定した無線LAN環境で、大会の安定運用を支援いたします。

開催概要


名称:大正製薬リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会
会期:2022年3月20日(日)~ 26日(土)
会場:福岡県 博多の森テニス競技場、福岡県営春日公園テニスコート
主催:(公財)日本テニス協会、(公財)全国高等学校体育連盟
主管:全国選抜高校テニス大会実行委員会
URL:https://www.senbatsutennis.com