製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
一覧
基礎知識
価格表
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
 
有償トレーニングサービス
 
コレガ
 
Palo Alto
Soliton Systems
Fortinet
Pulse Secure
アイビーシー
Schneider Electric
GS YUASA
アイビーソリューション
アイエスエイ
IBM Aspera
Polycom
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
メディアコンバーター
価格表

ギガビットイーサネット・メディア
&レートコンバーター

A T - G S 2 0 0 2 / S P

AT- GS2002/SP は10/100/1000BASE-T ツイストペアケーブルと光ファイバーケーブルを変換するメディアコンバーターです。
光ポートは、SFP モジュールを選択することで通信速度や接続距離の変更が可能です。ローカルポートは、10/100/1000BASE-Tに対応しているため、ギガビットイーサネットだけでなく、10BASE-Tのレガシーシステムを直接収容することも可能です。


キャンペーン実施中


RoHS指令対応製品
AT-GS2002/SP
AT-GS2002/SP(RoHS)
コード: 0330R
AT-GS2002/SP+AT-SPLX10-Pack(RoHS)※1※2
コード: P0596
AT-GS2002/SP+AT-SPSX2-Pack(RoHS)※1※2
コード: P0597
マニュアル
※1  AT-GS2002/SPにSFPモジュールを同梱した製品です。本製品で購入したSFPモジュールは、組合せのAT-GS2002/SP以外での使用においては未サポートです。
※2  SFPモジュール同梱製品のSFPモジュールの保証期間については、SFPモジュール単体の保証期間に準じますので、SFPモジュールのデータシートでご確認ください。
特長 仕様 外観図 構成図 データシートPDF

特長

リンクモード設定機能
リンクモード設定切替スイッチでモード設定を切り替えることにより、用途に応じて3つのモードを選択できます。
ミッシングリンクモード
一方のポートにリンク障害が発生し、受信信号が消失した場合、反対側のポートのリンクを自動的に切断します。
スマートミッシングリンクモード
問題のあるポートを自動的に切断し、LINK LED で知らせます。
リンクテストモード
各ポートの接続状況が一目でわかるようにLED で表示します。本製品を介して接続された機器間のリンクの有無をLINK LEDで表示します。

マニュアル設定機能

オートネゴシエーション機能に加え、コンフィグレーションスイッチで、10Mbps/100Mbps/1000Mbps、Full Duplex/Half Duplex の手動設定が可能です。
また、SFP ポートで使用するモジュールに合わせて、通信速度を100Mbps/1000Mbpsに手動設定します。
光ポートの対向での接続を確認している機種は以下のとおりです。
・AT-GS2002/SP
・AT-MCF2000(AT-MCF2032SPを装着)
・CentreCOM MC2501
・CentreCOM MC2700-10(AT-MC251を装着)
なお、光ポートの対向にMC1000 シリーズを接続して使用することはできません。
また、対向にAT-GS2002/SP、AT-MCF2000の2機種以外の機器を接続する場合は、リンクモード設定切替スイッチをリンクテストモードに設定してください。
MCR12、PWR4、AT-TRAY1、AT-TRAY4、SFPモジュール

仕様
準拠規格
IEEE 802.3 10BASE-T
IEEE 802.3u 100BASE-TX, 100BASE-FX※1
IEEE 802.3ab 1000BASE-T
IEEE 802.3z 1000BASE-SX/LX※1
IEEE 802.3ah 100BASE-BX, 1000BASE-BX10※1
IEEE 802.3x Flow Control※2
適合規格
EMI規格  VCCIクラスB
安全規格  UL60950-1, CSA-C22.2 No.60950-1
EU RoHS指令
通信速度
10/100/1000Mbps
ポート
10/100/1000BASE-T(RJ-45 コネクター) ×1
 オートネゴシエーション/MDI/MDI-X 自動認識
 10M/100M Full/Half 固定設定※3
SFPスロット ×1
使用ケーブル
10BASE-T UTPカテゴリー3以上
100BASE-TX UTPカテゴリー5以上
1000BASE-T UTPエンハンストカテゴリー5以上
切替スイッチ
リンクモード設定切替スイッチ
ミッシングリンク(ML)、スマートミッシングリンク(SML)
リンクテスト(LT)
ポート設定切替スイッチ
10/100/1000BASE-Tポートの設定
 オートネゴシエーションの有効/無効
 10Mbps 固定/100Mbps 固定
 Full Duplex 固定/Half Duplex固定
SFPスロットの設定
 100Mbps SFP 使用/1000Mbps SFP使用
LED
[ステータスLED]
 PWR (緑) 電源供給時に点灯
[ポートLED]
10/100/1000BASE-Tポート
 LINK (緑) リンク確立時に点灯、
SMLモード時のみ正常なポートが点滅
 ACT (緑) データの送受信中に点滅
 10M (緑) 10Mbps設定時/10Mbpsでリンク確立時に点灯※4※5
 100M (緑) 100Mbps設定時/100Mbpsでリンク確立時に点灯※4※5
 AUTO NEG (緑) オートネゴシエーション機能が有効時に点灯
 FDX (緑) Full Duplex設定時/Full Duplexでリンク確立時に点灯※4
SFPスロット
 LINK (緑) リンク確立時に点灯、
SMLモード時のみ正常なポートが点滅
 ACT (緑) データの送受信中に点滅
 100M (緑) 100Mbps SFP対応時に点灯
 1000M (緑) 1000Mbps SFP対応時に点灯
[リンクモードLED]
 ML (緑) ミッシングリンクモードが有効時に点灯
 SML (橙) スマートミッシングリンクモードが有効時に点灯
 LT (緑) リンクテストモードが有効時に点灯
電源部
定格入力電圧 AC100-240V
入力電圧範囲 AC90-264V
定格周波数 50/60Hz
定格入力電流 0.2A
最大入力電流(実測値) 0.11A
平均消費電力 4.4W(最大5.6W)
平均発熱量 16kJ/h(最大20kJ/h)
環境条件
動作時温度 0〜40℃
動作時湿度 80%以下(結露なきこと)
保管時温度 -20〜60℃
保管時湿度 95%以下(結露なきこと)
外形寸法 105(W)× 95(D)× 25(H)mm(突起部含まず)
質量
本体 320g
ACアダプター 120g
パッケージ内容 本体、ACアダプター、ケーブルクランプ、ゴム足(4個)、
ユーザーマニュアル、英文製品情報※6、製品保証書、シリアル番号シール(2枚)
オプション(別売)
MCR12※7※8 19インチラックマウントキット
AT-TRAY4 19インチラックマウントキット
AT-TRAY1 19インチラックマウントキット/壁設置用ブラケット
PWR4※8 MCR12用電源ユニット
マグネットシート S 壁設置用磁石
SFPモジュール
 AT-SPFX/2 100BASE-FX(2km)(2連LCコネクター)
 AT-SPFX/15 100BASE-FX(15km)(2連LCコネクター)
 AT-SPFXBD-LC-13・15 100BASE-BX(15km)(LCコネクター)
 AT-SPSX 1000BASE-SX(2連LCコネクター)
 AT-SPSX2 1000M MMF(2km)(2連LCコネクター)
 AT-SPLX10 1000BASE-LX(2連LCコネクター)
 AT-SPLX40 1000M SMF(40km)(2連LCコネクター)
 AT-SPZX80 1000M SMF(80km)(2連LCコネクター)
 AT-SPBDM-A・B 1000M MMF(1心双方向 550m)(LCコネクター)
 AT-SPBD10-13・14 1000BASE-BX10(LCコネクター)
 AT-SPBD80-A・B 1000M SMF(1心双方向 80km)(LCコネクター)
 AT-SPBD40-13・14/I 1000M SMF(1心双方向 40km)(LCコネクター)
※1 対応SFPモジュール装着時。
※2 1000Mbps SFP使用時のみサポート。
※3 MDI固定のみ。
※4 オートネゴシエーション無効時は、リンク確立/ 未確立にかかわらず点灯。
オートネゴシエーション有効時は、リンク確立時のみ点灯。
※5 1000Mbpsでリンク確立時は10M/100M の両方が点灯。
※6 日本語版マニュアルのみに従って、正しくご使用ください。
※7 VCCIクラスA取得
※8 MCR12には電源ユニットは付属しません。必ずPWR4とセットでお買い求めください。

外観図
外観図

構成図
構成図
2019年8月 現在


PAGE TOP