製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
一覧
仕様一覧
動作検証
価格表
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
 
有償トレーニングサービス
 
コレガ
 
Palo Alto
Soliton Systems
Fortinet
Pulse Secure
アイビーシー
Schneider Electric
GS YUASA
アイビーソリューション
アイエスエイ
IBM Aspera
Polycom
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
ルーター
価格表
UTM&VPNルーターポータル

AC/DC電源対応スタンダード・セキュアVPN アクセス・ルーター

A T - A R 2 0 1 0 V

AT-AR2010Vは、製品や管理ボックスへの収容に適した小型セキュアVPNルーターです。
さまざまな機器が混在するネットワーク環境において、ご利用の装置へAT-AR2010Vを組み合わせることで管理者とのVPNを構築し、管理者がデバイスとデータを安全に運用することができます。
また、省スペース、高温対応、AC/DC電源対応により、産業・医療機器などへの組み込みや、センサーや電力モニターなどの機器とともに管理ボックスへ収容され、システムの一部として運用することが可能となり、安全なリモート管理環境を構築することで、ビジネスの効率的な管理やスマートシティーの構築を実現します。

本体にサポートサービス(デリバリースタンダード)の加入権をバンドルした型番をご用意しています。デリバリー2、デリバリー6、またはオンサイトサービスをご希望の場合には、加入権がバンドルされていない型番にてご購入いただき、別途有償サポートサービスをご契約ください。



IPv6 Ready Logo Phase2 5年間保証

AlliedWare PlusAMFAMF-WANAWC

Vista Manager mini
AR2010V (RoHS)
AT-DRMT=J02
AT-AR2010V-Z1 (RoHS)
コード: 1660RZ1
AT-AR2010V-Z5 (RoHS)
コード: 1660RZ5
AT-AR2010V-Z7 (RoHS)
コード: 1660RZ7
AT-AR2010V (RoHS)
コード: 1660R
AT-DRMT-J02(RoHS)
コード: 1663R
FAQ ファームウェア マニュアル
特長 仕様 外観図 データシートPDF

特長
AC/DC電源対応
機器内部で使用しているDC電源(1224V)を使用することができます。もちろん、ACアダプターを使用することでAC電源からも給電可能です。
50℃環境対応
50℃対応で機器内部の高温環境に対応することができます。
DINレールマウントキット対応
オプション(別売)のDINレールマウントキットをご利用いただくことで、他の機器とともにDINレールに収容できます。
ファイアウォール
ステートフル・パケット・インスペクション型ファイアウォール(ゾーンベース)をはじめ、IDS/IPS、各種攻撃検出機能や、特定のURLに対するアクセス許可・拒否を制御可能なカスタムURLフィルターに対応。外部からの脅威や社内からの情報漏洩などを防ぎ、安全なインターネット接続環境を構築できます。
VPN(バーチャル・プライベート・ ネットワーク)
IPsec VPN接続を利用した仮想網で、拠点間通信が安全に行えます。また、IKEv2の対応により、よりセキュアなIPsec通信が可能なだけでなく、L2TPv3による柔軟な拠点間通信を実現できます。
L2TPv2は弊社AR415S/AR500Sシリー ズルーターとの相互接続が可能です。
次世代各種回線サービスの対応
IPv6 IPo + IPv4 over IPv6接続サービス※1
NTT東日本/NTT西日本の次世代ネットワーク(NGN)を用いたIPv6およびIPv4接続サービスに対応しております。IPoEにてIPv6インターネット接続しつつ、IPv4 over IPv6トンネルにおいてIPv4インターネット接続が可能になります。
※1DS-Lite、MAP-E、IP in IPおよびLightweight 4 over 6に対応しています。
LTE/3Gモバイルインターネット対応※2
USBポートにデータ通信端末を接続することにより、モバイルインターネット接続が可能です。インフラのない環境やバックアップ回線としての利用シーンに応じた柔軟なネットワーク接続が可能です。
※2対応USB型データ通信端末が必要です。サポートするUSB型データ通信端末は、こちらをご参照ください。
モバイルアクセス
自宅やホテルなどから社内のPCにアクセスし、リモートでの作業が可能になります。テレワーク/在宅勤務や出張において、オフィスなど一定の場所に縛られずに、いつでもどこでも仕事ができる環境を構築できます。リモートデスクトップ(RDP)を使って出先から社内にある自分のPCを操作しますので、情報の持ち出しをする必要がなく、万が一PCを紛失しても情報漏洩の心配もありません。
WebベースGUI/Vista Manager mini
WebベースGUI
機器自体の設定や監視・管理をWebブラウザーから簡単に行えます。各種インターネット接続やVPNなどの簡単設定の他、ダッシュボードでトラフィックやセキュリティーの状態を管理・監視が行えます。操作言語は使用するWebブラウザーの言語設定に応じて日本語/英語の自動切り替えが可能です。
Vista Manager mini
ARルーターに接続されているスイッチ製品や無線LANアクセスポイントの統合管理を実現するVista Manager miniに対応。マップ(接続構成図)を自動作成しネットワーク構成と状 態の可視化により実態の把握が難しい有線・無線ネットワー クの効率的な運用管理が可能となります。
AMF(Allied Telesis Management Framework)/AMFマスター
ネットワーク上のスイッチやルーターを仮想的な1台の機器として統合管理し、管理運用の「一元化」、「簡素化」、「自律化」によって、管理・運用に関わるコストの削減を実現するネットワーク仮想化機能です。AMFは統合管理を行うAMFマスターと管理されるAMFメンバーからなり、5つの機能によりネットワークの統合管理を行います。
AT-AR2010Vは、AMFメンバーとして動作します。
一元管理
AMFマスターから複数のAMFメンバーを一元管理します。
自動構築
AMFネットワークの自動構築およびAMFメンバーの自動認識・自動設定を行います。
自動復旧
AMFメンバー故障時における交換機器の自動復旧(オートリカバリー)、複数AMFメンバーに対するファームウェアの一括アップグレードや設定変更、一括バックアップを行います。
非AMF装置対応
非AMF装置の混在やWAN回線を介したAMFネットワークの構築が可能です。さらに、WAN回線を介して本機能を利用しているAMFメンバーの自動復旧にも対応します。
分散マスター処理(AMFコントローラー)
AMFマスターの分散配置と統合管理により、大規模ネットワークに対応します。
AMF-WAN(SD-WAN)
インターネットブレークアウト
Office 365の導入により、プロキシーサーバーのセッション数消費問題や、回線トラフィック増大などの問題が生じることがあります。ARルーターではプロキシーサーバーの迂回や、拠点から直接Office 365に接続できるインターネットブレークアウトが構築でき、センター回線のトラフィックを削減します。
SD-WANロードバランス
トラフィックを複数WAN回線に負荷分散し、帯域を有効に利用することができます。回線状態を監視し、新たなセッションを結ぶ際に品質のよい回線を選択してロードバランスをするといった、先進的な負荷分散が可能です。IPアドレスやポート番号に加え、アプリケーション単位でロードバランスすることもでき、回線の帯域幅やSLAなどに合わせて柔軟な設定が可能です。
SD-WANリンクアグリゲーション
SD-WANロードバランスをさらに進化。ARシリーズ対向でのVPN接続構成時は、2本の回線をLAGで使用できます。SDWANロードバランスがセッション単位での振り分けなのに対し、SD-WANリンクアグリゲーションはパケット単位で振り分けをし、より緻密なロードバランスを実現しました。
ゼロタッチプロビジョニング/オーバーレイネットワーク
安価なブロードバンド回線などをVPNでオーバーラップし、サービスプロバイダーを介さずにイントラネットの管理・運用が可能になります。初期導入時や故障の際の機器交換時に、AMF/自動構築・自動復旧で工場出荷時状態の機器を接続するだけでネットワークの構築・復旧が可能です。もちろん、リモートサイトにおいてもゼロタッチで初期導入・交換などが可能なため、支社などの拠点に技術者を派遣する必要がなくなり、管理・運用コストを大幅に削減することが可能です。
WANマップ/アプリケーショントラフィックの可視化
AT-Vista Manager EXを利用することでWANマップを可視 化できます。VPNなどの論理回線において、トラフィック状況の可視化やアプリケーション単位の表示が可能です。
無線LANコントローラー(AWC)※3
無線LANアクセスポイントの電波出力やチャンネル情報を定期 的に収集し最適化することで、無線LANの導入コストと運用コストを低減します。標準で無線LANアクセスポイントを5台まで管理可能なため、小規模オフィスでも容易に無線LANコントローラーを導入でき、外来波による影響を最小限にとどめ、最適な無線LANネットワークを維持します。
※3 AT-MWS APシリーズはファームウェアバージョン5.4.9-2以前でのサ ポートとなります。

仕様
準拠規格 IEEE 802.3 10BASE-T,IEEE 802.3u 100BASE-TX
IEEE 802.3ab 1000BASE-T
適合規格
CE
安全規格 UL60950-1,CSA-C 22.2 No.60950-1
EMI規格 VCCIクラスA
KC MSIP-REM-amf-AT-AR2010V
電気通信事業法に
基づく技術基準
D15-0276001
EU RoHS指令
マネージメント※1
SNMP SNMPv1/v2c/v3

SNMP MIB MIB II(RFC1213)
IP Forwarding Table MIB(RFC2096)
Extended Interface MIB(RFC2863)
SNMPv3 MIB(RFC3411〜RFC3415)
SNMPv2 MIB(RFC3418)
IEEE 802.3 MAUs MIB(RFC3636)
DISMAN ping MIB(RFC4560)
Entity MIB(RFC6933)
Private MIB

ターミナル Telnet,VT100互換端末(コンソールポート経由)
インターフェース
ETH(WAN/LAN) 10/100/1000BASE-T(RJ-45コネクター)×2
 オートネゴシエーション
 10M/100M Full/Half固定設定、
 1000M Full固定設定、
 MDI/MDI-X自動認識、MDI/MDI-X固定設定

コンソール RS-232(RJ-45コネクター)×1※2

USB USB2.0、タイプA(メス)コネクター、最大給電電流700mA×1※3
通信速度 10Mbps/100Mbps/1000Mbps
使用ケーブル
10BASE-T UTPカテゴリー3以上
100BASE-TX UTPカテゴリー5以上
1000BASE-T UTPエンハンスド・カテゴリー5以上
設定スイッチ
リセットスイッチ 1秒間押下で本製品を再起動、5秒間押下で工場出荷時設定に初期化
CPU MIPS64 800MHz 2コア
LED
(ETHポート)
L/A (緑) 1000Mbpsでリンク確立時に点灯、パケット送受信時に点滅
(橙) 10/100Mbpsでリンク確立時に点灯、パケット送受信時に点滅
D/C (緑) Full Duplexでリンク確立時に点灯
(橙) Half Duplexでリンク確立時に点灯、コリジョン発生時に点滅

(USBポート)
USBメモリー使用時:
USB (緑) USBメモリー装着時に点灯
(橙) USBメモリーが認識されていない、または、書き込み/ 読み出しにエラーが発生したときに点灯
USB型データ通信端末使用時:
USB (緑) データ通信端末が認識されたときに点灯
(橙) データ通信端末として使用できない機器が認識されたときに点灯

(ステータス)
FAULT (赤) 内部電源ユニット、内部温度の異常発生時に点滅
PWR (緑) 電源の供給時に点灯
FNC1/FNC2 (緑) トリガー機能にて点灯、点滅、消灯の制御が可能
メモリー容量
メインメモリー 512MByte
フラッシュメモリー 4GByte
NVS 512KByte
ルーティング対象
プロトコル
IPv4、IPv6
ルーティング
プロトコル
RIPv1/v2、RIPng、OSPF、OSPFv3、BGP4、BGP4+、スタティック
サポート機能
アドレス変換/解決/管理 ダイナミックENAT、スタティックNAT/ENAT、ダブルNAT、サブネットベースNAT、マルチホーミング、DNS(リレー、キャッシュ)、IPsec/ESP/PPTP/L2TP パススルー、DNSドメインマッチング

PPP/PPPoE PPPoEクライアント(マルチセッション、セッションキープアライブ)

ファイアウォール/セキュリティー ステートフル・パケット・インスペクション型ファイアウォール(ゾーンベース・IPv4/IPv6)、アプリケーションコントロール※4

VPN(IPsec) 暗号化(ハードウェア処理):3DES、AES128、AES192、AES256
認証:SHA-1、SHA256、SHA512
IKEv2、IKEv1(メイン/アグレッシブモード)

VPN(IPsec以外) L2TPv2、L2TPv3※5、SSL VPN(OpenVPN)、GRE

冗長 Pingポーリング

トンネリング IPv4 over IPv4、IPv4 over IPv6、IPv6 over IPv6、
IPv6 over IPv4※6

アドレス管理 DHCP(サーバー、クライアント、リレー)、
DHCPv6(サーバー、クライアント、リレー)、
DHCPv6-PD(サーバー、クライアント)、ダイナミックDNS※7

QoS(クラスベース) 優先制御(PQ/WRR/HTB/LLQ)、帯域制限、輻輳制御(RED)、マーキング(ToS/DSCP/トラフィッククラス)

分類条件:
ToS/DSCP/IPアドレス/IPv6アドレス/TCP、UDPポート番号/出力インターフェース

無線LAN
コントローラー
電波管理、無線APの登録・編集・オペレーション、無線AP一覧表示、無線APの情報表示、AWC計算履歴表示、管理対象APの検索、言語選択(日本語/英語)

その他 AMFメンバー機能、ローカルRADIUSサーバー、RADIUSクライアント、TACACS+(Accounting/Authentication/Logging)、ブリッジング、マルチプルVLAN(Port protected bridge filtering)、Webリダイレクト、IPルートフィルター、ポリシーベースルーティング、ARP、プロキシーARP、ローカルプロキシーARP、ディレクティドブロードキャスト転送制御、UDPブロードキャストヘルパー、VRF-Lite、SD-WANロードバランス、SD-WANリンクアグリゲーション

管理機能※1 WebベースGUI、SMTP認証、ログ(外部メディア出力対応)、スクリプト、トリガー、USBトリガー、NTP、Secure Shell、TFTP/Zmodem/HTTPによるソフトウェア/設定ファイルダウンロード

WANサービス ADSL、CATV、FTTH、フレッツ・サービス(IPv4 PPPoE/IPv6 IPoE/IPv4 over IPv6)、インターネットVPN、IP-VPN、広域イーサネット、移動体データ通信サービス
電源部
(ACアダプター使用時)※8
定格入力電圧 AC100-240V※9
入力電圧範囲 AC90-264V※9
定格周波数 50/60Hz
定格入力電流

0.6A

最大入力電流
(実測値)
0.28A
平均消費電力 9.3W(最大13W)
平均発熱量 33kJ/h(最大47kJ/h)

(DC電源入力時)※8
入力電圧範囲 DC12-24V※10※11
定格周波数 DC10.8-26.4V
定格入力電流

1.5A

最大入力電流
(実測値)
1.1A
平均消費電力 9.4W(最大13W)
平均発熱量 33kJ/h(最大46kJ/h)
環境条件
動作時温度 0〜50℃
動作時湿度 80%以下(結露なきこと)
保管時温度 −20〜60℃
保管時湿度 95%以下(結露なきこと)
外形寸法 140(W)×105(D)×42.5(H)mm(突起部含まず)
質量 560g(DCプラグ含む)
パッケージ内容※2※11 本体、ACアダプター、AC電源ケーブル※9、ゴム足(4個)、USB抜け防止器具キット(USB抜け防止器具×1、結束バンド×2、両面テープ×4)、M3 ×4mm平頭ネジ(マグネットKit M取付用・4個)、梱包内容、本製品をお使いの前に、英文製品情報※11、製品保証書(5年間)、シリアル番号シール(2枚)
オプション(別売)
AT-DRMT-J02 DINレールマウントキット
AT-BRKT-J22 壁設置ブラケット※13
マグネットシート S 壁設置用磁石
マグネットKit M 壁設置用磁石
コンソールケーブル※2
AT-VT-Kit3 マネージメントケーブル(RJ-45(メス)/USB)
CentreCOM VT-Kit2 RS-232ケーブル(RJ-45/D-Sub 9ピン)
製品の設置方向について: AT-AR2010V
※1 トラップ情報は、こちらにてご確認ください。
※2 本製品にはコンソールポート接続用ケーブルは同梱されておりません。また、出荷時はIPアドレスが付与されておりませんので、別途、マネージメントケーブル「AT-VT-Kit3」またはRS-232ケーブル「CentreCOM VT-Kit2」をご用意ください(AT-VT-Kit3には、別売のUTPケーブルが必要です)。
なお、AT-VT-Kit3のUSB使用時の対応OSは、こちらにてご確認ください。
※3 USB2.0のUSBメモリーをご使用ください。また、ご使用の際には、お客様の使用環境で事前に検証を行ったうえで導入してください。
※4 ファームウェアバージョン5.4.7-2.xにてサポート
※5 同一製品同士、または、AT-AR2050V、AT-AR3050S、AT-AR4050Sいずれかとの組み合わせでのみ接続可能
※6 IPv6 over IPv4はGREまたはL2TPv3を使用します。
※7 接続検証済みダイナミックDNSサービスについては、こちらをご参照ください。
※8 ACアダプター(背面)とDC電源(前面)を同時に通電させることはできません。
※9 同梱の電源ケーブルはAC100V用です。AC200Vでご使用の場合は、設置業者にご相談ください。
※10 本製品に給電するDC電源は、UL1310 Class 2またはUL60950 LPS、かつ、PSE(電気用品安全法)準拠の電源装置を使用してください。
※11 本製品にはDC電源ケーブルは同梱されておりません。DC電源への接続には、UL規格に対応した18AWG(線径1.024mm)以上のDC電源ケーブルを別途ご用意ください。
※12 日本語版マニュアルのみに従って、正しくご使用ください。
※13 1セットで本製品を2台設置可能

外観図

外観図

コンソール接続にはオプション(別売)のAT-VT-Kit3またはCentreCOM VT-Kit2が必要

2020年 4月 現在



PAGE TOP