製品
製品一覧
スイッチ
一覧
QoSについて
トランキング相互接続可能機種リスト
価格表
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
 
有償トレーニングサービス
 
コレガ
 
Palo Alto
Soliton Systems
Fortinet
Pulse Secure
アイビーシー
Schneider Electric
GS YUASA
アイビーソリューション
アイエスエイ
Polycom
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
スイッチ

ファーストイーサネット・PoE・タップスイッチ

CentreCOM
space F S 7 0 8 T P L - P S

CentreCOM FS708TPL-PSは、10BASE-T/
100BASE-TX ポート(自動認識)を8ポート装備し、すべてがIEEE 802.3af 準拠のPower over Ethernet給電機能に対応した低価格なファーストイーサネット・PoE・タップスイッチです。 標準装備のマグネットを使用し、デスクサイドやパーティションなどのスチール面に設置できます。



省エネ基準達成“エコ・フレンドリー製品”*

*「省エネルギー法」に基づく表示についてはPDF版データシートでご確認ください。
CentreCOM FS708TPL-PS (RoHS)
CentreCOM FS708TPL-PS-Z1 (RoHS)
コード: 0328RZ1
CentreCOM FS708TPL-PS-Z5 (RoHS)
コード: 0328RZ5
CentreCOM FS708TPL-PS-Z7 (RoHS)
コード: 0328RZ7
CentreCOM FS708TPL-PS (RoHS)
コード: 0328R
マニュアル
特長仕様外観図構成図データシートPDF

特長
PoE(Power over Ethernet)機能
IEEE 802.3af準拠のPower over Ethernet機能を搭載しており、1本のイーサネットケーブルで通信データと電源の両方を供給することが可能です。
各PoEポートは、接続された受電機器(PD:Powered Device)を検出し、自動的に給電します。10BASE-T/100BASE-TXポート全ポートがPoE給電機能に対応しており、クラス3受電機器であれば、最大3ポート同時に15.4Wの電源供給が可能です。
リンクリレー機能
ポート1〜7すべてリンクがオフになった場合、ポート8のリンクをオフにします。ポート1〜7のいずれかリンクがオンになった場合、ポート8のリンクをオンにします。
ポート8のリンクがオフになった場合はポート1〜7すべてのリンクをオフにします。ポート8のリンクがオンになった場合、ポート1〜7のリンクをオンにします。これらの復帰にかかる時間はごくわずかです。
Force MDI機能
Force MDI切替スイッチにより、ポート1〜7をMDI-X、ポート8をMDIに固定できます。
MDI-Xポート同士は、ストレートケーブルで接続してもリンクアップしないため、誤ってこれらのポート同士を接続しても、ループの発生を防ぐことができます。
オートネゴシエーション機能
全ポートが10/100Mbps、Half/Full Duplexの自動認識に対応し、最適に設定されます。
Full Duplex動作時には最大200Mbpsの高速通信が可能です。
MDI/MDI-X 自動認識
全ポートにMDI/MDI-X自動認識機能を搭載、対向機のポートの種別(MDI/MDI-X)やケーブルタイプ(ストレート/クロス)に関わらず接続が行えます。
EAP/BPDU透過機能
EAPパケットを透過し、802.1X 認証を行っているレイヤー2/3スイッチと端末の間に本製品を設置することが可能です。また、BPDUを透過することで、スパニングツリーの段数制限対象とならず、スパニングツリー構成を拡張することが可能です。
省エネ機能
通常運用時の消費電力を抑える省エネ機能をサポートしています。
エコLED
本体前面の切替スイッチを切り替え、ポートLEDを消灯させることが可能です。ポートLEDのみ消灯となるため、ネットワーク設計や運用ポリシーへ影響がない範囲で、省エネを実現できます。
リンクダウン中のポートの電力消費を自動的に抑制します。

コンパクトサイズ
電源内蔵型でありながら、コンパクトサイズを実現しました。これにより設置場所の自由度が上がります。

仕様
準拠規格
IEEE 802.3 10BASE-T
IEEE 802.3u 100BASE-TX
IEEE 802.3x Flow Control
IEEE 802.3af Power over Ethernet
適合規格
EMI規格VCCIクラスA
安全規格UL60950-1, CSA C22.2 No.60950-1
EU RoHS 指令
通信速度 10Mbps/100Mbps
ポート
10/100BASE-TX(RJ-45コネクター)×8
オートネゴシエーション、MDI/MDI-X自動認識
Force MDI (ポート1-7:MDI-X固定、ポート8:MDI固定)
使用ケーブル
10BASE-TUTPカテゴリー3 以上
100BASE-TXUTPカテゴリー5 以上
PoEUTPカテゴリー5以上(8線結線のストレートタイプ推奨)
切替スイッチ
エコLED切替スイッチON:エコLED 機能:有効
OFF:エコLED 機能:無効
リンクリレー切替スイッチON:リンクリレー機能:有効
OFF:リンクリレー機能:無効
Force MDI切替スイッチFORCE:ポート1-7 MDI-X 固定
ポート8 MDI固定
AUTO:MDI/MDI-X自動認識
パフォーマンス
スイッチング方式ストア&フォワード方式
最大パケット転送能力(装置全体/64Byte)1.19Mpps
スイッチング遅延100M ⇔ 100M3.1μsec
10M ⇔ 10M18.1μsec
スイッチング・ファブリック
メモリー容量パケットバッファー1.5MByte
MACアドレス登録数16K(最大)
MACアドレス保持時間300 〜 600 秒
LED
PoE LIMIT(緑)PoE電源の電力供給量が42W以上49W以下のとき点灯
PoE電源の電力供給量が装置全体の最大供給電力(49W)を超えて、優先順位の低いPDへの電力供給を強制停止したとき点滅
PoE STATUS(緑)受電機器へPoE電源が供給されているとき点灯
受電機器へのPoE電源供給が停止したとき点滅
POWER(緑)本体に正常に電源が供給されているときに点灯
本体起動中に点滅
LINK/ACT/SPD(緑)100M接続時に点灯
データ送受信時に点滅
(橙)10M接続時に点灯
データ送受信時に点滅
サポート機能 BPDU/EAP 透過、フローコントロール
省エネ機能(エコLED、省電力モード、リンクリレー機能)
電源部
定格入力電圧AC100-120V
入力電圧範囲AC90-132V
定格周波数50/60Hz
定格入力電流1.5A
最大入力電流(実測値)1.2A
平均消費電力31W(最大60W)
平均発熱量110kJ/h(最大220kJ/h)
ファンの有無
PoE
給電方式 オルタナティブA
最大供給電力 1ポートあたり 15.4W
装置全体 49W
環境条件
動作時温度0 〜 40℃
動作時湿度80%以下(結露なきこと)
保管時温度-20 〜 60℃
保管時湿度95% 以下(結露なきこと)
外形寸法
220(W)× 97(D)× 42(H)mm
質量
820 g
パッケージ内容 本体、ユーザーマニュアル、製品保証書
製品仕様書(英文)※1、シリアル番号シール(2枚)

製品の設置方向について: FS708TPL-PS
※1 日本語版マニュアルのみに従って、正しくご使用ください。

外観図
 
CentreCOM FS708TPL-PS (RoHS)




構成図
CentreCOM FS708TPL-PS (RoHS)



2021年7月 現在


PAGE TOP