news ソリューション

ニュース一覧

News Release

2018年4月27日

AlliedWare Plus(AW+)バージョンアップで機能拡張 – 新製品「AT-SBx908G-FL15 」をリリース –

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、スイッチ/ルーター製品のファームウェア「AlliedWare Plus(AW+)」をバージョンアップし、新ファームウェア「AW+ Ver.5.4.8-0.1/ Ver.5.4.8-0.2」の当社ホームページからのダウンロードサービスを4月27日より開始しました。また、スイッチ製品の既存ライセンスへ機能を追加するとともに、AT-SBx908 GEN2用のOpenFlow機能ライセンス新製品「AT-SBx908G-FL15」の出荷を5月1日より開始します。

ファームウェア「AW+ Ver.5.4.8-0.1/ Ver.5.4.8-0.2」で拡張した主な機能

  • (1) SBx908 GEN2機能拡張(対象製品:SBx908 Gen2)
  • スタック可能台数を2台から4台へ拡張するとともに 10G/100GポートでのVCS構成に対応しました。
  • (2) AMF Cloudの機能拡張(対象製品:AMF Cloud)
  • AMFクラウドでサポートするノード数を18,000まで拡張しました。
  • (3) DS-Lite(Dual Stack Lite)に対応 (対象製品:AR2010V, AR2050V, AR3050S, AR4050S)
  • DS-Lite対応のインターネット接続サービスを利用することで、LAN側ホストに対しIPv4・IPv6インターネットへの接続を提供できます。
  • (4) SD-WANロードバランスの機能拡張(対象製品:AR2010V, AR2050V, AR3050S, AR4050)
  • VPNやインターネット回線などの複数のWAN回線に対して、アプリケーション毎にトラフィックを負荷分散したり、指定した回線に振り分けることが可能になりました。

既存ライセンスへの機能追加

  • (1) NTPより高い精度の時刻同期を実現するPTPプロトコル(IEEE 1588v2)のトランスペアレントクロックとして動作する機能を以下のライセンスに追加しました。
  • 対象製品: AT-x230シリーズ用アプリケーションライセンス「AT-x230-FL03」
    AT-x550シリーズ用プレミアムライセンス「AT-x550-FL01」
  • (2) イーサネット上の接続障害を検出・通知するイーサネットCFM(IEEE 802.1ag)機能、産業用ネットワークにて採用の多いL2リングプロトコルG.8032(ERPS)機能を以下のライセンスに追加しました。
  • 対象製品: SwitchBlade x8100(CFC960)用プレミアムライセンス「AT-CFC960-FL01」

新製品

製品名 標準価格 リリース日
AT-SBx908G-FL15 300,000円 5月1日
AT-SBx908G-FL15-Z1 315,000円 5月1日
AT-SBx908G-FL15-Z5 375,000円 5月1日
AT-SBx908G-FL15-Z7 414,000円 5月1日

サポートチケットは当ホームページご覧ください。

バージョンアップ対象製品

  • ・AW+ Ver.5.4.8-0.1
  • AT-SBx8100(AT-SBx81CFC400)/SBx8100(AT-SBx81CFC960)/AT-SBx908/AT-x220シリーズ/AT-IE200シリーズ/AT-FS980Mシリーズ/AT-AR3050S/AT-AR4050S/AR2050V/AR2010V/AMF Cloud
  • ・AW+ Ver.5.4.8-0.2
  • AT-SBx908 GEN2/DC2552XS/AT-x930シリーズ/AT-x550シリーズ/AT- x510シリーズ/AT- x310シリーズ/AT-x230シリーズ/AT-SH510シリーズ/AT- SH310シリーズ/AT- SH230シリーズ/AT-GS900MXシリーズ/AT-XS900MXシリーズ