製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
一覧
基礎知識
価格表
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
 
有償トレーニングサービス
 
コレガ
 
Palo Alto
Soliton Systems
Fortinet
Pulse Secure
アイビーシー
Schneider Electric
GS YUASA
アイビーソリューション
アイエスエイ
IBM Aspera
Polycom
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
メディアコンバーター
価格表

ファーストイーサネットメディア&レート
コンバーター
ギガビットイーサネットメディア&レート
コンバーター

centre COM
M M C 2 0 0 2
M M C 2 0 0 0 2

CentreCOM MMC200/MMC2000シリーズは、10/100/1000BASE-T※3ツイストペアケーブルと光ファイバーケーブルを変換する単体型メディアコンバーターです※4※5
1心または2心の光ファイバーケーブルに対応し、イーサネットシステムの接続距離を最長80kmまで延長できます。スマートミッシングリンクに対応し、一方の10/100/1000BASE-Tポートのリンクが切断された場合、対向機器の10/100/1000BASE-Tポートのリンクも自動的に切断します。
ローカルポートは、10BASE-Te/100BASE-TX/1000BASE-Tに対応しているため、10BASE-Tのレガシーシステムを直接収容することも可能です※6
オプションを利用することで壁面への設置も可能です。
本体にサポートサービス(デリバリースタンダード)の加入権をバンドルした型番をご用意しています。
デリバリー2、デリバリー6、またはオンサイトサービスをご希望の場合には、加入権がバンドルされていない型番にてご購入いただき、別途有償サポートサービスをご契約ください。
AT-MMCR18、AT-MMCR-PWR-AC-70、AT-MMCR-PWR-DC-80、AT-MMCR-FAN は受注生産品のため、納期につきましてはお問い合わせください。
「-Z1」はデリバリースタンダード1年加入権利付き
アカデミック製品
RoHS指令対応製品

5年間保証※2
mmc2000シリーズ
mmc2000シリーズ
mmc2000シリーズ
AT-MMC200/SC-Z1 (RoHS)
コード: 3575RZ1
AT-MMC200/SC-Z5 (RoHS)
コード: 3575RZ5
AT-MMC200/SC-Z7 (RoHS)
コード: 3575RZ7
AT-MMC200/SC (RoHS)
コード: 3575R
AT-MMC200/ST-Z1 (RoHS)
コード: 3576RZ1
AT-MMC200/ST-Z5 (RoHS)
コード: 3576RZ5
AT-MMC200/ST-Z7 (RoHS)
コード: 3576RZ7
AT-MMC200/ST (RoHS)
コード: 3576R
AT-MMC2000/ST-Z1 (RoHS)
コード: 3447RZ1
AT-MMC2000/ST-Z5 (RoHS)
コード: 3447RZ5
AT-MMC2000/ST-Z7 (RoHS)
コード: 3447RZ7
AT-MMC2000/ST (RoHS)
コード: 3447R
AT-MMC2000/SC-Z1 (RoHS)
コード: 3448RZ1
AT-MMC2000/SC-Z5 (RoHS)
コード: 3448RZ5
AT-MMC2000/SC-Z7 (RoHS)
コード: 3448RZ7
AT-MMC2000/SC (RoHS)
コード: 3448R
AT-MMC2000/LC-Z1 (RoHS)
コード: 3533RZ1
AT-MMC2000/LC-Z5 (RoHS)
コード: 3533RZ5
AT-MMC2000/LC-Z7 (RoHS)
コード: 3533RZ7
AT-MMC2000/LC (RoHS)
コード: 3533R
AT-MMC2000/SP-Z1 (RoHS)
コード: 3534RZ1
AT-MMC2000/SP-Z5 (RoHS)
コード: 3534RZ5
AT-MMC2000/SP-Z7 (RoHS)
コード: 3534RZ7
AT-MMC2000/SP (RoHS)
コード: 3534R
AT-MMC2000LX10/LC (RoHS)
コード: P0569
AT-MMC2000LX40/LC (RoHS)
コード: P0570
AT-MMC2000ZX80/LC (RoHS)
コード: P0571
AT-MMC2000BDM/LC-A (RoHS)
コード: P0572
AT-MMC2000BDM/LC-B (RoHS)
コード: P0573
AT-MMC2000BD10/LC-13 (RoHS)
コード: P0574
AT-MMC2000BD10/LC-14 (RoHS)
コード: P0575
AT-MMC2000BD40/LC-13 (RoHS)
コード: P0576
AT-MMC2000BD40/LC-14 (RoHS)
コード: P0577
AT-MMC2000BD80/LC-A (RoHS)
コード: P0578
AT-MMC2000BD80/LC-B (RoHS)
コード: P0579
AT-MMC200FX15/LC (RoHS)
コード: P0580
AT-MMC200BD/LC-13 (RoHS)
コード: P0581
AT-MMC200BD/LC-15 (RoHS)
コード: P0582
マニュアル
特長 仕様 外観図 構成図 データシートPDF


製品名

カッパーポート

ファイバーポート

最大伝送距離
AT-MMC2000/SP-Z1 10/100/1000BASE-T 1心/2心 SFP 550m〜80km
AT-MMC2000/SC-Z1 10/100/1000BASE-T 2心 1000BASE-SX 550m
AT-MMC2000/ST-Z1
AT-MMC2000/LC-Z1
AT-MMC2000LX10/LC※1※2 1000BASE-LX 10km
AT-MMC2000LX40/LC※1※2 1000M SMF 40km
AT-MMC2000ZX80/LC※1※2 1000M SMF 80km
AT-MMC2000BDM/LC-A※1※2
AT-MMC2000BDM/LC-B※1※2
10/100/1000BASE-T 1心 1000M MMF 550m
AT-MMC2000BD10/LC-13※1※2
AT-MMC2000BD10/LC-14※1※2
1000BASE-BX10 10km
AT-MMC2000BD40/LC-13※1※2
AT-MMC2000BD40/LC-14※1※2
1000M SMF 40km
AT-MMC2000BD80/LC-A※1※2
AT-MMC2000BD80/LC-B※1※2
1000M SMF 80km
AT-MMC200/SC-Z1 10/100/1000BASE-T 2心 100BASE-FX 2km
AT-MMC200/ST-Z1
AT-MMC200FX15/LC※1※2 100BASE-FX 15km
AT-MMC200BD/LC-13※1※2
AT-MMC200BD/LC-15※1※2
10/100/1000BASE-T 1心 100BASE-BX 15km
※1 AT-MMC2000/SPにSFPモジュールを同梱した製品です。本製品で購入したSFPモジュールは、組合せのAT-MMC2000/SP以外での使用においては未サポートです。
※2 SFPモジュール同梱製品のSFPモジュールの保証期間については、SFPモジュール単体の保証期間に準じますので、SFPモジュールのデータシートでご確認ください。
※3 MMC2000シリーズ、および、次のハードウェアリビジョン(H/W Rev.)のMMC200シリーズにてサポート。
・AT-MMC200/SC: H/W Rev. J以降
・AT-MMC200/ST: H/W Rev. K以降
これより前のMMC200 シリーズでは、本ポートは10/100BASE-TXのみをサポートします。
また、H/W Rev.G より前のAT-MMC2000/SPでは、光ポートが100Mbpsでリンク時は、本ポートは10/100BASE-TXのみをサポートします。
※4 AT-MMC2000/SPと弊社製品は、以下の条件を満たす場合に限り接続できます。
・ミッシングリンクなどの製品固有の機能は、AT-MMC2000/SPと対向の製品ともに無効にすること
・AT-MMC2000/SPと対向の製品で同一のSFPモジュールを使用すること
※5 AT-MMC2000/SPと他社製品は、以下の条件を満たす場合に限り接続できます。
・組み合わせて使用するSFPモジュールは、AT-SPSXまたはAT-SPLX10またはAT-SPFX/2のいずれかであること
・ミッシングリンクなどの製品固有の機能は、AT-MMC2000/SPと対向の製品ともに無効にすること
・対向機器の光ポートは、標準規格に準拠していること
※6 IEEE 802.3az 10BASE-Teをサポートし、既存のIEEE 802.3 10BASE-Tポートとも接続できます。10BASE-Teによるポートの接続にはカテゴリー5以上のUTPケーブルが必要となります。

特長

1心・2心、マルチモード・シングルモード対応
1心・2心、マルチモード・シングルモードの光ファイバーケーブルに対応し、お客様の光ファイバーに最適な製品を選択いただけます。

スマートミッシングリンク(SML)機能
一方の10/100/1000BASE-Tポートのリンクが切断された場合、対向接続されたMMC200シリーズ・MMC2000シリーズの10/100/1000BASE-Tポートのリンクも自動的に切断します。
光ポートのリンクが切断された場合は、自機および対向機の10/100/1000BASE-Tポートのリンクを自動的に切断します。
10/100/1000BASE-Tポートのリンク障害を検出した際には対向機の10/100/1000BASE-TポートLEDと光ポートLEDが点滅し、光ポートのリンク障害を検出した際には10/100/1000BASE-TポートLEDが点滅します。
この機能はSML切替スイッチによってON/OFFの設定が可能です。

通信状況が一目で分かるLED表示
10/100/1000BASE-Tポート、光ポート、スマートミッシングリンク機能の状態をLED表示でモニター可能です。

豊富なラインナップ
SC/ST/LCのコネクターの直収モデルに加え、SFPモジュールを組み込むAT-MMC2000/SPをラインナップしています。最大伝送距離550m〜80kmの幅広い範囲から選択可能です。

オートネゴシエーション機能
10/100/1000BASE-Tポートはオートネゴシエーションでリンクを確立します。通信速度は10/100/1000Mbps※1、通信モードはFull Duplex/Half Duplexをサポートします。また、DIPスイッチによりオートネゴシエーション機能を無効(100M Full Duplex固定)にすることもできます。
※1 MMC2000シリーズ、および、次のハードウェアリビジョンのMMC200シリーズの場合。
・AT-MMC200/SC: ハードウェアリビジョンRev. J以降
・AT-MMC200/ST: ハードウェアリビジョンRev. K以降
これより前のMMC200シリーズでは、本ポートは10/100Mbpsでオートネゴシエーションを行います。また、ハードウェアリビジョンRev.G より前のAT-MMC2000/SPでは、光ポートが100Mbpsでリンク時は、本ポートは10/100Mbpsでオートネゴシエーションを行います。

超小型サイズ、簡単設置
外部電源モデルで超小型、軽量設計です。別売のマグネット(マグネットシートS)を使用して簡単に設置することができます。

消費電力を削減し環境に配慮
運用面における総保有コスト、環境面におけるCO2排出量の削減を実現します。データセンターなどの同一拠点で複数台を設置する際に大きな効果を発揮します。
 

ラインナップ
ラインナップ

仕様
MMC200シリーズ
準拠規格 IEEE 802.3az 10BASE-Te
IEEE 802.3u 100BASE-FX(PMD部を除く)、100BASE-TX
IEEE 802.3ab 1000BASE-T※1
IEEE 802.3x Flow Control※2
IEEE 802.3az Energy-Efficient Ethernet
MMC2000シリーズ
準拠規格 IEEE 802.3az 10BASE-Te
IEEE 802.3u 100BASE-FX(PMD部を除く)※3、100BASE-TX
IEEE 802.3ah 100BASE-BX※3
IEEE 802.3z 1000BASE-SX※3※4/LX※3
IEEE 802.3ab 1000BASE-T
IEEE 802.3ah 1000BASE-BX10※3
IEEE 802.3x Flow Control※2
IEEE 802.3az Energy-Efficient Ethernet
適合規格
CE
EMI規格 VCCI クラスA
安全規格 UL60950-1, CSA-C22.2 No.60950-1
EU RoHS指令
通信速度
10/100/1000Mbps
AT-MMC200/SC
ポート 10/100/1000BASE-T(RJ-45コネクター)×1
 オートネゴシエーション
 100M Full固定設定
 MDI/MDI-X自動認識
100Mbps光(2連SCコネクター)×1
 オートネゴシエーション
中心波長 1310nm
送信光レベル 50/125MMF: -23.5〜-14dBm
62.5/125MMF: -20〜-14dBm
受信光レベル -31〜-14dBm
許容損失※5 50/125MMF 7.5dB
62.5/125MMF 11dB
最大伝送距離 2km
AT-MMC200/ST
ポート 10/100/1000BASE-T(RJ-45コネクター)×1
 オートネゴシエーション
 100M Full固定設定
 MDI/MDI-X自動認識
100Mbps光(2連STコネクター)×1
 オートネゴシエーション
中心波長 1310nm
送信光レベル 50/125 MMF: -23.5〜-14dBm
62.5/125 MMF: -20〜-14dBm
受信光レベル -31〜-14dBm
許容損失※5 50/125MMF 7.5dB
62.5/125MMF 11dB
最大伝送距離 2km
AT-MMC2000/SC
ポート 10/100/1000BASE-T(RJ-45コネクター)×1
 オートネゴシエーション
 100M Full固定設定
 MDI/MDI-X自動認識
1000Mbps光(2連SCコネクター)×1
 オートネゴシエーション
中心波長 850nm
送信光レベル -9.5〜-4dBm
受信光レベル -17〜-3dBm
許容損失※5 7.5dB
最大伝送距離 550m
AT-MMC2000/ST
ポート 10/100/1000BASE-T(RJ-45コネクター)×1
 オートネゴシエーション
 100M Full固定設定
 MDI/MDI-X自動認識
1000Mbps光(2連STコネクター)×1
 オートネゴシエーション
中心波長 850nm
送信光レベル -9.5〜-4dBm
受信光レベル -18〜0dBm
許容損失※5 8.5dB
最大伝送距離 550m
AT-MMC2000/LC
ポート 10/100/1000BASE-T(RJ-45コネクター)×1
 オートネゴシエーション
 100M Full固定設定
 MDI/MDI-X自動認識
1000Mbps光(2連LCコネクター)×1
 オートネゴシエーション
中心波長 850nm
送信光レベル -9.5〜-4dBm
受信光レベル -17〜0dBm
許容損失※5 7.5dB
最大伝送距離 550m
AT-MMC2000/SP
ポート 10/100/1000BASE-T(RJ-45コネクター)×1
 オートネゴシエーション
 100M Full固定設定
 MDI/MDI-X自動認識
SFPスロット×1
 オートネゴシエーション
中心波長 使用するSFPモジュールに依存
送信光レベル
受信光レベル
許容損失※5
最大伝送距離
使用ケーブル
10BASE-Te/100BASE-TX
1000BASE-T
100Mbps光/1000Mbps光
UTPカテゴリー5以上
UTPエンハンスド・カテゴリー5以上
マルチモード光ファイバー(AT-MMC2000/SPは使用するSFPモジュールに依存)
LED
【ステータスLED】
 PWR (緑) 電源供給時に点灯
 SYS (緑) 正常動作時に点灯、
定期的に明滅(ハートビート表示)
(AT-MMC2000/SPのみ)
SFP未挿入時:
 遅い点滅
SFP挿入時 :
 正常動作時に点灯、
 定期的に明滅(ハートビート表示)
【10/100/1000BASE-T ポートLED】
 COPPER
 P1 L/A  (LINK/ACT)
(緑) リンク確立時に点灯
パケット送受信時に速い点滅
SML有効時、光ポート側でリンク障害が発生した際や対向機の10/100/1000BASE-Tポート側でリンク障害が発生した際に遅い点滅
【光ポートLED】
 FIBER
 P2 L/A  (LINK/ACT)
(緑) リンク確立時に点灯
パケット送受信時に速い点滅
SML有効時に10/100/1000BASE-Tポート側でリンク障害が発生した際に遅い点滅
切替スイッチ
【ポート設定切替スイッチ】
SML切替 スマートミッシングリンク機能の有効/無効の切り替え(出荷時有効)
オートネゴシ
エーション切替
10/100/1000BASE-Tポートのオートネゴシエーション有効/無効(100BASE-TX Full Duplex固定)の切り替え(出荷時有効)
電源部
定格入力電圧 AC100-240V
入力電圧範囲 AC90-264V
定格周波数 50/60Hz
定格入力電流 0.5A
最大入力電流
(実測値)
AT-MMC200/SC 0.06A
AT-MMC200/ST 0.06A
AT-MMC2000/SC 0.06A
AT-MMC2000/ST 0.05A
AT-MMC2000/LC 0.05A
AT-MMC2000/SP 0.06A
平均消費電力 AT-MMC200/SC 2.1W(最大2.6W)
AT-MMC200/ST 2.1W(最大2.6W)
AT-MMC2000/SC 2.2W(最大2.6W)
AT-MMC2000/ST 1.8W(最大2.2W)
AT-MMC2000/LC 1.9W(最大2.3W)
AT-MMC2000/SP 2.0W(最大2.5W)
平均発熱量 AT-MMC200/SC 7.5kJ/h(最大9.5kJ/h)
AT-MMC200/ST 7.7kJ/h(最大9.2kJ/h)
AT-MMC2000/SC 7.9kJ/h(最大9.3kJ/h)
AT-MMC2000/ST 6.6kJ/h(最大8.0kJ/h)
AT-MMC2000/LC 6.9kJ/h(最大8.4kJ/h)
AT-MMC2000/SP 7.4kJ/h(最大8.8kJ/h)
環境条件
動作時温度 0〜50℃
動作時湿度 5〜90%(結露なきこと)
保管時温度 -30〜70℃
保管時湿度 5〜95%(結露なきこと)
外形寸法 55(W)×102(D)×21(H)mm
質量
本体 200g
ACアダプター 110g
パッケージ内容 本体、ACアダプター、梱包内容、本製品をお使いの前に、英文製品情報※6、製品保証書(5年間)※7、シリアル番号シール(2枚)
オプション(別売)
「-Z1」はデリバリースタンダード1年加入権利付き※8
AT-MMCR18 19インチラックマウントキット※9
AT-MMCR-PWR-AC-70 AT-MMCR18用AC電源ユニット
AT-MMCR-PWR-DC-80 AT-MMCR18用DC電源ユニット
AT-MMCR-FAN AT-MMCR18用スペアファンモジュール
AT-MMCR18用オプション 19インチラックマウントキット
AT-RTNR-01 電源ケーブル抜け防止金具※10
AT-PWRCBL-J01L/J01R L字型コネクター電源ケーブル(左/右)※10※11
AT-MMCTRAY6 19インチラックマウントキット
AT-MMCWLMT 壁設置用ブラケット
マグネットシートS 壁設置用磁石※12
SFPモジュール
AT-SPFX/2-Z1 100BASE-FX(2km)(2連LCコネクター)
AT-SPFX/15-Z1 100BASE-FX(15km)(2連LCコネクター)
AT-SPFXBD-LC-13・15-Z1 100BASE-BX(15km)(LCコネクター)
AT-SPSX-Z1 1000BASE-SX(2連LCコネクター)
AT-SPSX2-Z1 1000M MMF(2km)(2連LCコネクター)
AT-SPLX10-Z1 1000BASE-LX(2連LCコネクター)
AT-SPLX40-Z1 1000M SMF(40km)(2連LCコネクター)
AT-SPZX80-Z1 1000M SMF(80km)(2連LCコネクター)
AT-SPBDM-A・B-Z1 1000M MMF(550m)(LCコネクター)
AT-SPBD10-13・14-Z1 1000BASE-BX10(LCコネクター)
AT-SPBD40-13/I・14/I
-Z1
1000M SMF(1心双方向 40km)(LCコネクター)
AT-SPBD80-A・B-Z1 1000M SMF(1心双方向 80km)(LCコネクター)
製品の設置方向について:
MMC200/MMC2000シリーズ
※1 AT-MMC200/SCはハードウェアリビジョンRev. J以降、AT-MMC200/STはハードウェアリビジョンRev. K以降にてサポート
※2 AT-MMC2000/SC・ST・LC、AT-MMC2000/SP(1000M SFP装着時)はPAUSEフレームの送受信ともにサポート。AT-MMC200/SC・ST、AT-MMC2000/SP(100M SFP装着時)は受信のみサポート。
※3 AT-MMC2000/SPに対応SFPモジュール装着時
※4 AT-MMC2000/SC、AT-MMC2000/ST、AT-MMC2000/LCではPMD部を除く
※5 同一製品を対向で使用した場合です。
※6 日本語版マニュアルのみに従って、正しくご使用ください。
※7 SFPモジュール同梱製品のSFPモジュールの保証期間については、SFPモジュール単体の保証期間に準じますので、SFPモジュールのデータシートでご確認ください。
※8 Zは「デリバリースタンダード」、下1桁目は提供年数を表します。
※9 AT-MMCR18には電源ユニットは付属しません(AT-MMCR-FANは付属)。必ずAC電源ユニット(AT-MMCR-PWR-AC-70)またはDC電源ユニット(AT-MMCR-PWR-DC-80)とセットでお買い求めください。
※10 AT-PWRCBL-J01L/J01RとAT-RTNR-01は併用できません。
※11 AT-PWRCBL-J01RはPSU 2(右側)でのみ使用可能
※12 1枚で2台まで取り付け可能です。
仕様 - オプション-
[ AT-MMCR18 ]
適合規格
CE 
EMI規格  VCCI クラス A
安全規格  UL60950-1, CSA-C22.2 No.60950-1
EU RoHS指令
LED
【ステータスLED】
 FAULT (赤) 電源/ファンの障害発生時に点灯
 TEMP (黄) 温度異常発生時に点灯
【電源ユニットLED】
 PWR1/PWR2 (緑) 正常に電源供給時に点灯
【ファンLED】
 FAN1/FAN2 (緑) 正常動作時に点灯
電源部
AT-MMCR-PWR-AC-70 AT-MMCR-PWR-DC-80
定格入力電圧 AC100-240V DC40-60V
入力電圧範囲 AC90-264V DC36-72V
定格周波数 50/60Hz
定格入力電流 2.0A 1.5A
AT-MMCR18本体
(AT-MMCR-PWR-AC-70×1台、×2台使用時)
AT-MMCR18本体
(AT-MMCR-PWR-DC-80×1台、×2台使用時)
最大入力電流(実測値) 0.93A 1.40A
平均消費電力 47W(最大52W) 48W(最大55W)
平均発熱量 170kJ/h(最大190kJ/h) 170kJ/h(最大200kJ/h)
環境条件
動作時温度 0〜50℃
動作時湿度 5〜90%(結露なきこと)
保管時温度 -30〜70℃
保管時湿度 5〜95%(結露なきこと)
外形寸法 440(W)×255(D)×87(H)mm
質量 6.7kg※1
パッケージ内容※2 本体、ラックマウントブラケット(2個)、ブラケット用ネジ(8本)、ブランクパネル(18個)、ポートガイド(18個)、ブランクパネル/ ポートガイド用ネジ(54個)、梱包内容、本製品をお使いの前に、英文製品情報※3、製品保証書(5年間)、シリアル番号シール(2枚)
[ AT-MMCR-PWR-AC-70 ]
適合規格
CE
EMI規格 VCCI クラス A
安全規格 UL60950-1, CSA-C22.2 No.60950-1
EU RoHS指令
環境条件
動作時温度 0〜50℃
動作時湿度 5〜90%(結露なきこと)
保管時温度 -30〜70℃
保管時湿度 5〜95%(結露なきこと)
外形寸法 225(W)×85(D)×43(H)mm
質量 690g
パッケージ内容 本体、AC電源ケーブル※4、英文製品情報※3、製品保証書(5年間)、シリアル番号シール(2枚)
[ AT-MMCR-PWR-DC-80 ]
適合規格
CE
EMI規格 VCCI クラス A
安全規格 UL60950-1, CSA-C22.2 No.60950-1
EU RoHS指令
環境条件
動作時温度 0〜50℃
動作時湿度 5〜90%(結露なきこと)
保管時温度 -30〜70℃
保管時湿度 5〜95%(結露なきこと)
外形寸法 225(W)×85(D)×43(H)mm
質量 620g
パッケージ内容 本体、英文製品情報※3、製品保証書(5年間)、シリアル番号シール(2枚)
[ AT-MMCR-FAN ]
適合規格
CE
EMI規格 VCCI クラス A
安全規格 UL60950-1, CSA-C22.2 No.60950-1
EU RoHS指令
ポート アラーム出力端子(FAULT LEDに連動して発報)×1
環境条件
動作時温度 0〜50℃
動作時湿度 5〜90%(結露なきこと)
保管時温度 -30〜70℃
保管時湿度 5〜95%(結露なきこと)
外形寸法 332(W)×86(D)×40(H)mm
質量 810g
パッケージ内容 本体、英文製品情報※3、製品保証書(5年間)、シリアル番号シール(2枚)
※1 ご購入時の状態。AT-MMCR18本体に、ファンモジュール、輸送用カバーパネル、電源ユニットスロット用カバーパネル×2個の質量を含みます。
※2 AT-MMCR18には電源ユニットは付属しません(AT-MMCR-FANは付属)。必ずAC電源ユニット(AT-MMCR-PWR-AC-70)またはDC電源ユニット(AT-MMCR-PWR-DC-80)とセットでお買い求めください。
※3 日本語版マニュアルのみに従って、正しくご使用ください。
※4 同梱の電源ケーブルはAC100V用です。AC200Vでご使用の場合は、設置業者にご相談ください。

外観図
外観図
外観図
外観図
外観図
接続例
接続例 ケース1
接続例 ケース1
ミッシングリンク機能
ミッシングリンク機能 ケース1
P1がリンクダウンした場合、P4が自動的にリンクダウンし、P4の10/100/1000BASE-TポートLEDと、P2、P3の光ポートLEDが遅く点滅します。また、P4がリンクダウンした場合は、P1が自動的にリンクダウンし、P1の10/100/1000BASE-TポートLEDと、P2、P3の光ポートLEDが遅く点滅します。
ミッシングリンク機能 ケース2
P2がリンクダウンした場合、P1とP4が自動的にリンクダウンし、10/100/1000BASE-TポートLEDが遅く点滅します。また、P3がリンクダウンした場合は、P1とP4が自動的にリンクダウンし、10/100/1000BASE-TポートLEDが遅く点滅します。
2019年10月 現在


PAGE TOP