動体検知の設定方法(本体)

動体検知の設定方法(本体)、動体検知設定が検知しない
カテゴリー : 
ネットワークカメラ/WEBカメラ , CG-NCVD031A , CG-NCBU031A , CG-NCDO011A , 

回答

1.動体検知設定では、カメラの動体検知機能(検知範囲、検知感度)を
 設定することができます。 「IPFinder」でカメラを選択し接続します。
 (「IPFinder」については各カメラの取扱説明書をご参照ください)

 取扱説明書ダウンロード
  ・CG-NCBU031A 
  ・CG-NCVD031A 
  ・CG-NCDO011A 
 
2.左側のメニューから「設定」→「動体検知」の順にクリックします

  


3.検知領域を有効にするには、「動体検知有効」にチェックを入れ、
 それぞれのウィンドウの設定を行います。
 検知領域が有効になっているときは、マウスで検知領域を動かして
 検知したい領域を変更(拡大・縮小・移動)することができます

 ※最大で3つの検出領域を設定することができます。
  利用したい各ウィンドウの1〜3を[有効]にチェックを入れます。

   


4.パーセントと感度を調整し、動体検知のレベルを実際の被写体で確認しながら
 その都度各項目や値を変更した場合は必ず「適用」ボタンをクリックしてください。
 「適用」ボタンをクリック後に調整値をご確認下さい。
 検知している場合(検知中)は検出領域内に検出レベル(青い帯)が表示されます

 ■ 「パーセント」(初期値:50)
   検知領域の変化の割合を設定します。
   数字が小さいほどエリア内の小さな変化を検知します。

 ■ 「感度」(初期値:50)
   検知領域の感度レベルを設定します。
   数字が大きいほど小さな変化を検出することができます。

   ※ 最大の感度はパーセント→1、感度→99となります。
   ※ 最小の感度はパーセント→99、感度→1となります。 

   

   

 

(管理番号:f1993)