AWC-CBの概要

移動しながらも途切れない独自の技術 ── AWC-CB

移動しながら無線LANに端末をつなぐと、途中で切れてしまったり、通信が遅くなったりするという問題がありました。
移動しながらの通信の課題を解決するのが、エリア内のアクセスポイントで単一のチャンネルを用いるシングルチャンネル方式です。
アライドテレシスのAWC-CBは、単一のチャンネルでアクセスポイント間の移動時にローミングレスで通信が途切れることなく快適な通信を実現するほか、移動したことで遠くに離れてしまったアクセスポイントが接続したままになるスティッキー端末問題により通信が遅い問題も解決します。
また、ソフトウェア型の無線LANコントローラーの採用により、低コストでの構築と、大規模ネットワークへの対応も実現しました。

●一元管理
アクセスポイントごとに電波出⼒・チャンネルの⾃動調整を行うだけでなく、アクセスポイントへの設定適⽤や、ファームウェアバージョンアップなどを⼀元管理できます。

●可視化
電波状態などの統計や履歴を蓄積して利用状況の推移を可視化するだけでなく、アクセスポイントへの接続端末の情報や、管理外アクセスポイントの影響度(送信出力)も表示できます。

●同期制御
複数のアクセスポイントで同一チャンネルを利用し、仮想的な1台として動作します。
ローミングレス通信、隣接するAPからの通信転送で最適な通信を実現します。

AWC-CB(AWC-Channel Blanket)とは

AWC-CBの利用シーン

アクティブな現場で効果を発揮するAWC-CB

IP電話活用に

敷地内で歩きながらIP電話を使い、アクセスポイント間を移動してもIP電話の音声が途切れることなく快適な通話が可能です。

移動しながら
通信するデバイス

看護師が病棟を移動しながら利用する電子カルテ端末や、自動走行するAGV(無人搬送車)などの通信が途切れることなく、安定した通信が行えます。

電波発する機器
レイアウト変更多い環境に

電波状況が変わりやすい場所でも、単一チャンネルのため電波干渉を考慮する必要なく、最適な無線LAN環境の構築ができます。

AWC-CBの技術解説

従来の方式が抱えていた技術的な課題を一つひとつ克服

1
AWC-CBは、無線LANコントローラーが同一チャンネル、BSSIDのアクセスポイントを同期し、仮想的な1台として動作します。

2
従来の無線LANは、端末側がアクセスポイントを選択して接続していましたが、AWC-CBは端末の動作に依存せず、電波の強いアクセスポイントが自動的にデータ転送を行うためローミング時の通信切断や、移動によるスティッキー端末問題が解消されます。

3
従来のシングルチャンネル方式では、複数のアクセスポイントが設置されていても同時に通信できるのは1台のみでしたが、AWC-CBでは同時通信が可能です。

4
無線LANコントローラーにトラブルが発生しても、通信に影響を与えません。

製品についてより詳しく

AWC-CB対応の製品について、詳しくご紹介しています。

関連ソリューション

AWC-CBの関連ソリューションについても、ぜひご覧ください。

AWC
世界初!ハイブリッド無線LANシステム
AT-Vista Manager EX ユニファイド・ネットワークマネージメント・ソフトウェア