サポート
ITサービス
お知らせ
サポート情報検索
FAQ・マニュアル・ファームウェア/ドライバー
検索
製品カテゴリー一覧
スイッチ
ルーター
メディアコンバーター / WDM
VDSL / HomePNA
無線LAN
Voice/Video
HUB
ネットワークマネージメント・ソフトウェア
SDN/OpenFlowコントローラー
LANアダプター
トランシーバー
ソフトウェア
アクセサリー
TELESYN Series

Extreme Networks
Juniper Networks
エクストリコム
Soliton Systems
アイビーソリューション
Fortinet
Meru Networks
LANアダプター・ドライバーダウンロード
サポートセンター受付窓口
販売終了製品一覧
アライド光
5年間保証開始
FAQ

  Q.00000012
  各ポートがリンクアップした直後に通信出来ません。

該当製品:
SwitchBlade x8100、SwitchBlade x908、x900 Series、x610 Series、x600 Series、x510 Series、x210 Series、x200 Series、AT-IX5 Series、x310 Series、x230/x230-52/x230L Series、AT-DC2552XS (ファームウェア 5.4.4A-0.1 以降)、x930 Series、AT-AR4050S/AT-AR3050S/AT-AR2050V、x510L Series、SH210 Series、SH230 Series、SH310 Series、SH510 Series、AT-AR2010V、x550 Series、SwitchBlade x908 GEN2、GS900MX/MPX Series、FS980M、x220 Series、x230L Series、x950 Series、GS980M Series、x530 Series、GS980MX Series、x530L Series、AT-AR1050V、x230-52、x320 Series、GS980EM Series、x530DP Series、x330 Series、GS970EMX Series

  A.

本製品では初期状態でスパニングツリープロトコル(RSTP)が有効化されているため、
ケーブル接続時に通信可能となるまでに時間を要します。
これを回避し、ケーブル接続時に直ちに通信可能とするには、RSTP機能の使用有無に
より次の方法をご検討ください。

・RSTP機能を使用しない場合は「no spanning-tree rstp enable」コマンドを実行し、
 同機能を無効化します。

・RSTP機能を使用している場合は、直ちに通信可能としたいポートに対して
 「spanning-tree edgeport」コマンドを実行し、エッジポートとして設定します。

また、詳細につきましては各製品のコマンドリファレンスより「L2スイッチング」->
「スパニングツリープロトコル」をご覧ください。


更新日:2014/05/21


PAGE TOP