サポート
ITサービス
お知らせ
サポート情報検索
FAQ・マニュアル・ファームウェア/ドライバー
検索
製品カテゴリー一覧
スイッチ
ルーター
メディアコンバーター / WDM
VDSL / HomePNA
無線LAN
Voice/Video
HUB
ネットワークマネージメント・ソフトウェア
SDN/OpenFlowコントローラー
LANアダプター
トランシーバー
ソフトウェア
アクセサリー
TELESYN Series

Extreme Networks
Juniper Networks
エクストリコム
Soliton Systems
アイビーソリューション
Fortinet
Meru Networks
LANアダプター・ドライバーダウンロード
サポートセンター受付窓口
販売終了製品一覧
アライド光
5年間保証開始
FAQ

  Q.00000018
  AMF マスター機器のファームウェアバージョンが 5.4.4 系列の場合、オートリカバリー
  機能でのメンバー機器交換時に代替機のファームウェアバージョンを確認する必要が
  ありますか?

該当製品:
SwitchBlade x8100、SwitchBlade x908、x900 Series、x610 Series、x510 Series、x210 Series、x200 Series、AT-IX5 Series、x510L Series、SwitchBlade x908 GEN2

  A.

AMF マスター機器のファームウェアバージョンが 5.4.4-0.3 以降の場合、オートリカバリー機能を
使用するためには代替機に以下のバージョンがインストールされている必要があります。

x200/x210 シリーズ Ver.5.4.4-0.4 以降
その他の x シリーズ Ver.5.4.3-3.7 以降

代替機にインストールされているファームウェアバージョンが古い場合には、オートリカバリーでの
復元ができませんので、交換前に必ずご確認ください。

また、上記の詳細や制限事項につきましては各製品のコマンドリファレンスより「アライドテレシス
マネージメントフレームワーク(AMF)」と、AMF マスター機器でご利用中のファームウェア
バージョンのリリースノートをご覧ください。



更新日:2014/07/29


PAGE TOP