Solutions ソリューション

Wi-Fi6×アライド独自の技術で
無線LANがネットワークの主役に

Wi-Fi6(IEEE.802.11ax)の登場で無線エリアはより広域になり、接続端末数も格段に増加し、無線LANの利便性がこれまで以上に増しています。
接続端末の自由度が高まった一方で管理・運用が困難になり、信頼性の高い無線LAN環境づくりに悩む管理者も多いのではないでしょうか。

MDX(Multi-Dimensional Exchange)は、無線LAN端末の左右の動きだけでなく上下左右時間(過去)を含めた多次元管理を可能とします。
これはWi-Fi6とアライドテレシス独自の技術(AWC、AWC-CB、AWC-SC)を組み合わせることで実現し、重要性が高まる無線LANネットワークに高い拡張性と信頼性と冗長性を提供します。

MDXで更なるステージへ

こんなお悩みを解決します!

こんなお悩みを解決します! 無線LANの問題で業務が止まってしまう 無線端末の利用者がどこにいて、どのように利用されているかわからない ネットワークトラブル時に、過去の正常な時と比較したいが、ネットワーク構成や管理画面が複雑でわかりにくい

無線LANでフル活用するMDX

  1. 解決 01
    機器故障時でも止まらない無線LANで安定運用
    アクセスポイントの自律的冗長
  2. 解決 02
    ユーザーと端末を紐づけ、場所や行動を視覚化
    増加し続ける無線端末を簡単管理
  3. 解決 03
    多次元で多彩なログから、過去の状態を可視化
    いつでも、どこでも遡れる

ネットワーク全体を俯瞰し、
より多彩な情報を多次元で視覚化

従来は、過去のネットワーク環境状態を把握するには、ログで確認するだけでした。
MDXではマップをベースに、配置されたそれぞれの端末の設定や通信状態を過去まで遡り、多彩な情報を多次元で切り替え視覚的に確認することができるようになるため、障害時の原因究明もスムーズです。
過去の状態にも遡ることができ、怪しい端末や環境の変化を検知し、最適なネットワーク環境を維持することができます。

ネットワーク全体を俯瞰し、より多彩な情報を多次元で視覚化
  1. 01  機器故障時でも止まらない無線LANで安定運用

    ネットワーク全体を俯瞰し、より多彩な情報を多次元で視覚化

    有線では機器を冗長することは一般的ですが、MDXではアクセスポイント(AP)の機器冗長も可能です。
    APの故障発生を検知すると、自律的に冗長用APが起動し、通信断したAPの無線エリアをカバーするため、障害時でも通信が止まらない安定した無線LAN環境を維持でき、予備機として購入した資産(AP)を有効活用することができます。

  2. 02  ユーザーと端末を紐づけ、場所や行動を視覚化

    ネットワーク全体を俯瞰し、より多彩な情報を多次元で視覚化

    より立体的・直観的に視覚化

    前後上下左右など複数のフロアで、電波の広がりや端末の動きなどの電波状態が3Dで表示可能になります。
    より立体的に、他フロアへの影響状態が可視化されるので、直観的に管理・運用することが可能です。

    ネットワーク全体を俯瞰し、より多彩な情報を多次元で視覚化

    ユーザーと端末を紐づけ、簡単管理

    端末の台数が増え煩雑になる端末の管理も、わかりやすい登録画面から簡単登録できます。
    管理作業の負担を軽減し、資産管理がスマートになります。

  3. 03  多次元で多彩なログから、過去の状態を可視化
    ※リリース予定

    ネットワーク全体を俯瞰し、より多彩な情報を多次元で視覚化

    有線では機器を冗長することは一般的ですが、MDXではアクセスポイント(AP)の機器冗長も可能です。
    APの故障発生を検知すると、自律的に冗長用APが起動し、通信断したAPの無線エリアをカバーするため、障害時でも通信が止まらない安定した無線LAN環境を維持でき、予備機として購入した資産(AP)を有効活用することができます。

ご利用環境イメージ

ご利用環境イメージ

ご利用に必要な
製品・ソリューション

各市場に適応したご提案も可能です

  • 医療ソリューション
  • 文教ソリューション
  • 自治体ソリューション
  • 製造ソリューション
  • スマートビルディングソリューション

お気軽にご相談ください

お問い合わせ