Solutions ソリューション

医療ソリューションニューノーマル時代を支える
医療ネットワーク

ニューノーマル時代を迎え、医療の在り方・仕組みを考え直す機会となり実際に変化しつつあります。
医療の現場では、診療データなどをスピーディに取得・管理できる医療IoT機器の利用促進、リモートによる在宅勤務へのシフトや、オンライン診療や遠隔医療、患者様向けのオンライン面会、遠隔授業など必要とされています。これに伴い、増加するサイバー攻撃から院内ネットワークを守るセキュリティソリューションや、医療情報システム管理者の負担を軽減するサーバー仮想化ソリューションなど、ネットワークへのニーズも増えています。
これからの時代に即した病院・医療施設に必要な医療情報ネットワークソリューションをご紹介します。

医療情報
ネットワークのポイント

※フキダシをクリックして詳細をご確認ください。

医療情報ネットワークのポイント テレワーク 院内・分院の統合管理 高いセキュリティ サーバー仮想化 仮設病棟・発熱外来 オンライン資格確認 医療IoT活用 院内無線LAN

ソリューション一覧

院内や分院の有線・無線LAN・IoTデバイスを統合管理導入・保守・運用管理のコストを削減、
ネットワーク全体を可視化し安心、安全ネットワーク

課 題

・ネットワークにつながる機器が増え、管理が複雑になっている

・各拠点の病院ごとに管理するのが面倒、有線LAN・無線LANの管理が別々で分かりづらい

・専任者不在時のネットワーク異常に迅速に対応できない

解 決

・ネットワーク統合管理の仕組みを導入し、コスト・負荷を大幅削減

・点在する拠点の有線LAN・無線LAN・IoTデバイスの統合管理

・異常が発生した機器を予備機に交換するだけで自動復旧

AMFソリューションにまかせれば、有線・無線をまとめて管理!障害を自動復旧!

Vista Managerシリーズでネットワーク全体を可視化

自律最適化(統合マップ)

自律的にネットワークを最適化し、運用
アプリケーション連携により不正端末の通信を遮断

予測分析(sFlowベースのトラフィックモニター機能)

ネットワーク全体を把握し、機器のトラフィック状況や端末の状態を監視
問題が発生する前に問題発生の予兆を検知し対策

院内の安定した無線LAN環境を整備拡張性・柔軟性に優れ、大規模な無線ネットワークも高速・最適化

課 題

・音声や映像など通信が途切れる

・電波干渉や電波が届きにくいエリアの問題を改善したい

・感染対策症などでレイアウト変更にもすぐに対応できるようにしたい

解 決

・Wi-Fi6の高速大容量な無線LANで音声・映像・データの同時通信を実現

・AWCで最適な電波環境に自動調整し、AWC-SCで電波の届かないエリアも簡単に増設が可能

・AWC-SCでレイアウト変更に合わせた無線APの増設やAWC-CBでフロアを移動しても途切れない通信を実現

「Wi-Fi6×AWCシリーズ」 で実現

端末同時通信と自律型無線LANで応答速度の速い快適なデータ通信を活用

AWC(Autonomous Wave Control)
自律型無線LANソリューション

チャンネルや電波出力を自律的に調整し、無線エリア内の電波干渉を最小化することで安定した通信が可能に

高速大容量通信でシングルチャンネルのエリアが拡大し、音声・リアルタイム通信に適したネットワークを運用

AWC-CB(AWC-Channel Blanket)
シングルチャンネル無線LAN
ソリューション

複数の無線APを同一チャンネルで運用することで、移動しながら端末を使用しても通信の途切れないローミングレス環境を実現

低遅延と無線AP間接続でトポロジーを構成する無線LANでネットワークを構築

無線AP間を無線で動的に繋ぎ、優れた拡張性と冗長性を実現無線APの増設が簡単かつ低コストで可能に

医療ユーザー様限定 医療機関向け製品(MD型番)

新型コロナウイルスの感染拡大により、オンライン面会のみならず、遠隔授業を病室で受けたり、外国人や聴覚障がい者の通訳サービスなど様々な場面でWi-Fi環境は必要とされています。
また、患者さんが個人で契約しているポケットWi-Fiを持ち込み、それが原因で病院システム用Wi-Fiの電波と干渉を起こし通信が不安定になるケースもあり、病室でWi-Fiが利用できる環境を整備する事が今後より重要となります。

このような背景から「#病室Wi-Fi協議会」の働きかけもあり、厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金」に患者さん用Wi-Fi整備に関する費用が追加になりましたが、2021年9月30日に終了いたしました。
そこで、アライドテレシスでは、期限終了後も医療機関向けに患者さん用Wi-Fi整備について、引き続き支援させていただきたく、医療機関向けに厳選した機器期間限定特別価格にてご提供させていただきます。この機会に是非ご検討ください。

アライドテレシスは #病室WiFi協議会 の取り組みに賛同しています

#病室WiFi協議会はフリーアナウンサーの笠井信輔さんら有志でつくられた、民間団体です。この団体の活動は、患者さん用Wi-Fiの整備等にかかる費用が補助金対象となったことに大きく貢献しました。 #病室WiFi協議会の活動内容はホームページをご覧ください。

本製品は、2021年10月1日から2022年3月31日までの弊社注文受付分に限らせていただきます。
詳細やWi-Fi整備についてご不明点などお気軽にお問合せください。

オンライン資格確認導入時のネットワークとは既存システムの状況やネットワーク設計、回線接続方法や接続用ルーターについて

導入のポイント

<ネットワーク環境の整備>

社会保険診療報酬支払基金への各種申請とネットワーク環境整備が必要です。

オンライン資格確認のポータルサイトへのアカウント登録
ポータルサイトより、オンライン資格確認等システムの利用申請、電子証明書発行申請などの手続き
顔認証付きカードリーダーの申し込み
支払基金/国保中央会に接続するネットワーク回線
回線接続用ルーター(セキュリティ対策)
既存システムにあわせたネットワーク設計・構築導入

<ご提案するネットワーク構成イメージ>

既存システムとの接続方法やルーターに必要となる機能など、以下の要件を決定し、最適な構成にてご提案いたします。

ご提案するネットワーク構成イメージ

① 既存システムの状況・ネットワークの設計について

オンライン請求システム端末と回線、および資格確認端末の接続について
既存環境から独立したネットワークのほか、統合ネットワークとしての提案も可能

② 回線の接続方式について

IPsec+IKE接続方式/IP-VPN接続方式のどちらかを利用

③ 接続用ルーターについて

ルーターB:回線接続用ルーター(IPsec、IPoE、PPPoEパススルー、Firewallなど)
ルーターA:既存システム接続用ルーター(ルーティング、Firewallなど)
※ルーターA、Bを別で設置するパターンのほか、1台のルーターで集約する構成も可能

お客様の環境に応じて柔軟にご提案させて頂きます。
お気軽にご相談ください。

ニーズに合わせた高いセキュリティを実現セキュリティを強化しながら、業務効率の向上や運用負荷・コストを大きく削減

課 題

・セキュリティ強化のために業務がなかなか進まなくて困る

・外部からの不正アクセスが心配

・標的型攻撃・ウィルス感染をしたら場合の対策がわからない

・セキュリティの運用管理ができてない

解 決

・安全で利便性の高いインターネット分離でセキュリティも業務効率も向上します

・院内ネットワークを診断して、必要なセキュリティ対策をご提示します

・AMF-SECでニーズに合わせた、認証、監視、ウィルス対策を実施し、脅威から守ります

・攻撃やウィルスに感染しても、最小限に防ぎネットワークを守ります

RevoWorksシリーズでインターネット分離でセキュリティと業務効率を向上

コンテナ型端末分離システム「RevoWorks」シリーズは1台の端末内でインターネット環境と業務環境を完全に分離したシステムで利便性を向上します。

RevoWorksシリーズでインターネット分離でセキュリティと業務効率を向上
インターネット分離対応の
ご紹介動画はこちら
 医療機関様向け (音声有り)
セキュアWebコンテナサービスの
解説動画はこちら
 医療機関様ユースケース (音声有り)

ニーズに応じたアプリケーションとネットワーク連携

安定した通信と高いセキュリティを確保するAMFとAMF-SECで、安心・安全に遠隔診療やWEB会議、テレワークができます。
AMFSECは数多くのアプリケーションと連携、多層防御も可能とし、ネットワーク全体に効果をもたらします。また、接続端末に対して「認証」「隔離」「遮断」などネットワークからの自動制御を行い、ウイルスやマルウェアなどの拡散防止やサイバー攻撃対策、内部不正による情報漏洩を防ぎます。

ニーズに応じたアプリケーションとネットワーク連携

クラウドで提供する
セキュリティサービス

1.クラウドUTMサービス

・UTM機器をクラウド上に統合することで、効果的かつ効率的な運用が実現

・SD-WANやインターネットブレイクアウト環境にも対応

・生徒が自宅でオンライン授業を受けるときもセキュリティを確保

2.クラウドWAFサービス

・クラウドWAF(Web Application Firewall)によりWebサーバーへの攻撃を遮断し、情報漏えい、Web改ざん、サーバーダウンを狙った攻撃などに対応

・Webサーバーに教材などを保存していても安心

3.脆弱性診断サービス

2つのサービスにて、学内のWEBサーバーやLANシステムのセキュリティリスクを把握する

Webサーバー診断サービス
【診断範囲:学校・大学の公開サーバー】
クラウドからインターネット上に設置されているWebサーバーの脆弱性を診断

LANシステム診断サービス
【診断範囲:学内システム】
内部IP機器の脆弱性を診断。診断結果はクラウド上のポータルサイトにて確認

脆弱性診断サービス

システムの増加も管理も思いのまま!
サーバー仮想化基盤HCI (Hyper-Converged Infrastructure)でシステム全体を最適化

課 題

・サーバーの台数が多すぎてスペース確保や管理が大変

・サーバー・ストレージ・ネットワークで管理者が異なり、システム全体の管理が煩雑

・システムの増加があると導入や拡張に時間がかかる

解 決

・複数の物理サーバーを仮想化し、集約場所や電力コストを削減

・物理サーバーのストレージを仮想的に集約し、共有ストレージが不要なシンプル構成

・システムを停止することなく柔軟にリソースの拡張が可能

シンプルかつ柔軟な
仮想化基盤で実現

HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャー)は、共有ストレージを必要とせず一般的なサーバーのみで構成する仮想化基盤です。
複数のサーバーを連携させて1台として動作させ、その上で複数の仮想サーバーを構築することができます。

※音声がございますので、再生の際には、お気を付けください。

その他医療ソリューション動画はこちらよりご覧ください。

資料ダウンロード

医療従事者様から患者様までを考慮したネットワーク構築

医療ネットワークソリューションガイド

厚生労働省による「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第5版」に基づき、医療ネットワークにおける様々な課題に対する解決策や最適な構築のポイントをご説明した医療ネットワークソリューションガイドをご提供いたしております。

ご購入前のご相談、
ご不明点などお気軽にお問合せください。