Event・Training イベント・トレーニング

レポート

NETREND 医療ネットワークオンラインセミナー「相次ぐ医療機関を狙うサイバー攻撃 取り組むべき対策とは」

医療機関を標的としたサイバー攻撃が日本国内でも猛威をふるっています。
不正アクセスやランサムウェア感染により、一部のシステムが利用できなくなったり、場合によっては診療停止へと追い込まれるなど、医療提供体制を脅かす重大な被害へとつながりかねません。

本セミナーでは、こうした近況をうけ、医療機関のセキュリティに詳しい群馬大学医学部附属病院 システム統合センター 副センター長/准教授の鳥飼 幸太 氏をお招きし、この非常時に病院を守るために取り組むべきことについて、同院での活動をふまえて解説いただきました。 また当社からは、それらサイバー攻撃への対策について具体的にご紹介する他、事前の対策として、脆弱性診断やインシデント対応訓練など、今医療機関が取り組むべき対策やソリューションをご紹介いたしました。

多数の方々にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。

会場風景

会場風景1 会場風景2
会場風景3 会場風景4

開催概要

名称 NETREND 医療ネットワークオンラインセミナー
「相次ぐ医療機関を狙うサイバー攻撃 取り組むべき対策とは」
主催 アライドテレシス株式会社
協力 株式会社日本医療企画
開催日時 2022年2月15日(火)
16:00~17:15
形式 オンライン(ライブ配信/Zoom)
対象 医療従事者の方、関連企業の方
費用 無料(事前登録制)
定員 100名 ⇒ お申込み多数につき定員拡大し受付

セミナー内容

プログラム

16:00~ 特別講演
「病院セキュリティ対策の「虎の巻」教えます -インテリジェンス分析で導くランサムウェア対策-」

群馬大学医学部附属病院 システム統合センター
  副センター長/准教授 鳥飼 幸太 氏

鳥飼 幸太 氏

新型コロナ感染で急速な「医療DX」が進行中です。一方でランサムウェア被害は日本で億単位の損害を引き起こし、医療危機をもたらしました。この非常時に病院をセキュリティで守るために何を知り、何に着手すべきか、その急所を群大病院での活動をもとにご紹介します。

16:25~ プレゼンテーション1
「急増する病院を狙うサイバー攻撃とアライドテレシスの対策」


アライドテレシス株式会社 上級執行役員
 サイバーセキュリティDevOps本部 本部長 中島 豊

中島 豊

フィッシングメール、ランサムウェア、ポータルサイト改ざん等の巧妙化したサイバー攻撃が、脆弱性のある病院に対して行われています。院内のシステムおよび組織を強靭化するアライドテレシスの対策について解説いたします。

16:40~ プレゼンテーション2
「クラウド医療システムへの安全なインターネット接続環境の提供」


アライドテレシス株式会社 サポート&サービス事業本部
 IT DevOps本部 サービスDevOps部 プロジェクトリーダー 沓澤 徹

沓澤 徹

医療システムのクラウド化が進み、院内及び院外からのインターネット接続は今まで以上にセキュリティ対策が必要になりました。医療端末からのインターネットアクセスの一元管理・セキュリティ対策をご紹介致します。

17:05~ 質疑応答

17:15 終了

※セミナー内容は予告なく変更になる場合があります