無線LAN(Wi-Fi)製品

無線LAN製品一覧

最新規格Wi-Fi6(IEEE 802.11ax)製品登場

AT-TQ6602

無線LANを取り巻く環境の変化に伴い、ネットワークの現場では大容量・高速通信・低遅延・同時接続を可能とする無線のニーズが高まっております。アライドテレシスはWi-Fi6(IEEE 802.11ax)の性能を最大限に活用した、無線LANアクセスポイント・ソリューションでこれらのニーズにお応えいたします。

主な特徴

  • Wi-Fi6(IEEE 802.11ax)対応
  • 4 x 4 双方向MU-MIMO
  • 次世代PoE(IEEE 802.3bt)スイッチ対応
  • マルチギガビットLAN(1G/2.5G/5G BASE-T)対応
  • AWCに対応

※AWC-CB,AWC-SCは、今後対応予定

AT-TQ6602紹介動画を見る

大容量・高速通信
IEEE 802.11ax規格に対応し、変調方式として1024QAMを利用可能になったことで、更なる大容量・高速化が可能になりました。
低遅延
双方向MU-MIMOに対応したことで上下方向で同時に複数の端末にデータの送受信を行うことができるようになり、従来規格と比べて低遅延での通信が可能になりました。
同時接続
BSSID認識機能により、出来るだけ近くの無線APに誘導して待ち時間を減らす事が出来るようになり、転送効率を大幅に向上させることが可能になりました。

無線LANアクセスポイント

  • スタンダード・アクセスポイント
  • アドバンスド・アクセスポイント

※1 Radio: 周波数帯。3-Radio対応製品は、2.4GHz帯用の1つ、5GHz帯はW52/W53帯用、W56帯用の2つの無線回路を備えます。
3Radioは2Radioよりも、各Radioにて処理する端末台数を減らすことができるため、端末の待ち時間を少なくすることが可能です。

※2 空間ストリーム: 同時に使用可能な経路の数を指し、IEEE802.11n以降の無線LAN規格では複数のアンテナを使用し、データを同じ周波数帯域の複数経路で同時に送受信することができる「MIMO」の仕組みを搭載。この経路をストリームと表現しています。
ストリーム数が増える事で、経路数が増えるため基本的には通信速度は向上します。

無線LANコントローラー

無線LANコントローラー製品一覧
無線LANコントローラー機能一覧
  Vista Manager EX Vista Manager APL Vista Manager mini
スイッチ ARルーター
管理可能なアクセスポイント TQシリーズ TQシリーズ TQシリーズ TQシリーズ
管理可能なアクセスポイントの最大数 3,000台※1 ※2 500台※1 305台※3 25台※4
アクセスポイントの設定共有
アクセスポイントのバージョンアップ
コントローラーの形態 ソフトウェア AT-VST-APLに内蔵 スイッチに内蔵 ルーターに内蔵
対応言語 日本語/英語 日本語/英語 日本語/英語 日本語/英語
AWC ※6
AWC-CB ※6 ○(AR4050Sのみ)※5
AWC-SC ※6 ○(AR4050Sのみ)※5
有線ネットワーク(AMFネットワーク)の管理

※1TQmシリーズは100台まで管理可能です。

※2SNMPマネージャーライセンス使用時は、無線LANアクセスポイントの管理可能数は1000台以下となります。

※3SBx908 GEN2利用時の台数となり、別途追加ライセンスが必要です。
  x950シリーズ:最大185台、x930シリーズ:最大125台、x550/x530シリーズ:最大45台となります。

※4AR4050S利用時の台数となり、別途追加ライセンスが必要です。その他のAR3050S、AR2050V、AR2010Vは最大5台までとなります。

※5AWC-CB環境時、AR4050Sの無線LANアクセスポイント管理可能数は5台までとなります。

※6TQ-6602は、2021年対応予定です。

オプション

関連リンク

世界初!ハイブリッド無線LANシステム
AWC-SC
AT-Vista Manager EX ユニファイド・ネットワークマネージメント・ソフトウェア