SwitchBlade x908 Generation 2
ご紹介映像

※音声がございますので、再生の際には、お気を付けください。

IoTを支えるコアネットワーク
フラグシップ・ブランド SwitchBladeシリーズ
新製品「SwitchBlade x908 GEN2」をリリースいたしました!

  • あなたのビジネスを新たなステージへ

    IoT時代を見据えて設計された、大容量IPデバイスを収容する性能と、
    ホットスワップが可能なアーキテクチャー。
    2.6Terabitの広帯域モジュラー型シャーシスイッチが、
    次世代コアネットワークの未来を切り開きます。

  • 次世代企業ネットワークを実現

    65K以上のホストエントリー、128K以上のルートテーブル、などスマートビルディングやスマート工場にも対応した次世代企業ネットワークを実現します。

  • 現在のイーサーネットで最速の規格に準拠

    拡張性に優れたホットスワップ構造は、拡大し続ける
    ネットワークの不安から管理者を解放します。


  • AMFの技術によりネットワーク全体を自律的に管理し、VistaManagerEXの技術でネットワーク全体を視覚化します。


    自動バックアップとアップグレード、ゼロタッチの自動復旧と自動構築の機能を備え、作業負担の軽減に貢献するだけではなく、管理コストの削減をも実現します。

  • ボトルネックを解消

    これまでにない優れたパフォーマンスと将来を見据えたアーキテクチャーで、コアに通信が集中する企業ネットワークの課題を解決。

IoT Ready

国内エンタープライズ市場に最適なネットワークコアを提供を目的として、2007年に誕生したSwitchBx908は、 負荷分散型冗長ネットワークをバーチャルに実現する独自技術「VCS(Virtual Chassis Stacking)」と共に、 現代コアネットワーク構成の標準を確立しました。

ITデバイスは、今日、40倍以上に肥大し、スマートフォン、タブレットといったスマートデバイスを始め、
ドアセンサーや温度 センサーといったIoTデバイスまで、ネットワークを流れるデータの
ボリュームやデータの種類は大きく変化しました。

あれから10年、アライドテレシスは、これからのIoT時代のために設計された次世代コアスイッチ、
SBx908 GEN2をリリースいたしました。

  • 高可用性・高信頼性
  • 省エネ・省スペース
  • デュアル電源
  • Vista Manager対応

IPサブネット・クラスB(65,535台)を収容する
大容量・高性能ハードウェアスペックを搭載

6万台を超えるIPデバイスに対して、1台でルーティングやスイッチング、フィルタリングを行う能力を有し、 且つ「双方向400Gbps 高速・大容量VCS(Virtual Chassis Stacking)」にも対応しているため、通信速度、IPデバイス増加による同時接続、通信不可問題などを解決し、複数のルーティングプロトコルや機器を組み合わせる事なく、シンプル 且つ 冗長性に優れたネットワーク・コアを実現します。

同時多接続環境はインフラ単位でセキュリティーを確保

IoTの普及拡大により、急激に膨大し、多様化するデバイス。アンチウィルス非対応のデバイスまでもが、ネットワークに接続され、これまでの考えがおよばぬ脅威によるセキュリティの課題。
SES(Secure Enterprise SDN)は、脅威検知アプリケーションと連携し、ネットワークインフラ自体のセキュリティをケアし、膨大な数・種類のデバイスに対して同一概念・規定・品質のセキュリティを実現します。

複雑化するネットワーク管理に対する不安も解消

膨大し続けるデバイスによる課題は、複雑化を余儀なくされるネットワーク機器の設定、そのメンテナンスを実現するための高スキルと人材確保など、その悩みは尽きません。
AMF(Allied Telesis Management Framework)は、WAN・LAN、有線・無線機器に関わらず、自律的に一元管理を実現、作業負担や管理コストを削減し、ネットワーク利用者と管理者の両者に対して貢献します。

巨大化するネットワークを止めない技術

LD-VCSは、ネットワーク経路・ 回線冗長化や端末のデフォルトゲートウェイ冗長化など、"冗長化の容易性"をプロトコルレスで実現し、万一の場合にも、安心・安定したネットワークの稼働を提供します。
また、キャンパス間などの長距離経路を網羅できるとともに、その冗長経路は従来の待機型ではなくアクティブ/アクティブ型であるため、保有資産を最大限活用していただけます。

これまでにない優れたパフォーマンス

SwitchBlade x908 はリリースされてから10年の間1G、10G、40Gと通信速度を高速化し、
時代の変化に適応してきました。
これからのIoT時代は、通信速度だけではありません。
将来を見据えたハードウェア性能とアーキテクチャーで再設計された
SwitchBlade x908 GEN2の登場です。

モジュール型デザイン

モジュール型インターフェイスは、メンテナンス性を向上させるだけではなく、必要な性能を必要な場面で利用できるため、資産の有効活用につながります。

優れた拡張性

ホットスワップ対応のモジュールで、フロアネットワークの増設など日ごろ発生する企業LANの変化に、即時対応できます。

メンテナンスコストの削減

自動バックアップとアップグレード、ゼロタッチ自動復旧と自動構築の機能を備え、あなたの作業負担軽減に貢献するだけではなく、管理コスト削減も実現する。

SDN Ready

AT-SecureEnterpriseSDN Controller(AT-SESC)にも対応し、デバイスの接続をソフトウェア制御するSDNネットワークを構築可能。各種業務アプリケーションとの連携によって、セキュリティーの強化を実現します。

x908 GEN2デビューキャンペーン

フラグシップブランドの最新機種のリリースを記念し、「SBx908 GEN2デビューキャンペーン」を実施いたします。
インテグレーションテストサービスを付帯し、大変お求めやすい価格となっておりますのでこの機会にぜひお試しください。

詳細はこちら

x908 GEN2デビューキャンペーン

フラグシップブランドの最新機種のリリースを記念し、「SBx908 GEN2デビューキャンペーン」を実施いたします。
インテグレーションテストサービスを付帯し、大変お求めやすい価格となっておりますのでこの機会にぜひお試しください。

詳細はこちら

信頼性を向上させたアーキテクチャ

SBx908 GEN2は従来のシャーシ技術で実現していた信頼性と可用性を取り入れつつ、ボックススイッチに近いシンプルな構造を採用しています。これにより、故障リスク箇所を最小限に抑えた安心ハードウェア構造でコア・スイッチを運用いただくことができます。さらに長距離VCSもサポートしているため負荷分散型ネットワークをバーチャルに実現します。

 

高速・広帯域拡張モジュール

SwitchBlade x908 GEN2

高さ3U、8個の拡張スロットを搭載し、 2.6Terabitの広帯域スイッチング性能を備えたアドバンスト・レイヤー3イーサネットモジュラースイッチ。
65,000以上のデバイスを収容可能な、IoT時代に適したアーキテクチャー100Gbps×2ポート または40Gbps×4ポートを用いた双方向最大400Gbpsの広帯域VCS(Virtual Chassis Stack)を実現可能。

AT-XEM2-1CQ

1 QSFP28(100G)Port(2018年リリース予定)

AT-XEM2-12XS

SFP/SFP+スロット×12
(AT-SP10T、AT-SP10SR、AT-SP10LR、AT-SP10ER40/I、AT-SP10TW1)

AT-XEM2-4QS

QSFP+スロット×4
(AT-QSFPSR、AT-QSFPLR、AT-QSFP1CU)

AT-XEM2-12XT

1000BASE-T/10GBASE-Tポート×12